伊藤潤二氏のマンガ『フランケンシュタイン』『首吊り気球』が無料公開中。漫画のアカデミー賞こと「アイズナー賞」の受賞を記念して

 朝日新聞出版社のNemuki+公式は、伊藤潤二氏アイズナー賞受賞を記念して、マンガ『フランケンシュタイン』『首吊り気球』を期間限定で無料公開すると発表した。

 『フランケンシュタイン』は7月24日(土)のツイートにて、1週間無料公開と伝えられており、期限は7月31日(土)と考えられる。『首吊り気球』は7月18日までと伝えられたが、記事執筆時点でも読めるものとなっており、終了時期は不明。どちらも無料マンガWebサイト「ソノラマ+」から読むことができて、会員登録などは必要がない。

 アイズナー賞は、アメリカでもっとも権威ある漫画の賞。日本時間7月24日、この賞で伊藤潤二氏の『地獄星レミナ』(英訳版)が「最優秀アジア作品賞」を受賞。またこの作品および『伊藤潤二短編集 BEST OF BEST』の2作品によって、「最優秀ライター/アーティスト賞」も受賞した。

 「最優秀ライター/アーティスト賞」は日本人の作家としては初めての快挙となる。

(画像はAmazon『地獄星レミナ』より)

 『地獄星レミナ』は、物語は「ワームホール」から出現した未知の惑星を発見した大黒博士は、一人娘・麗美奈の名にちなんで「レミナ星」と名付けたことからはじまる。この異次元惑星の発見は絶賛され、麗美奈も芸能界デビューを果たすなど、いちやく時の人に。だが、レミナ星が惑星を次々と消滅させ、地球消滅の危機が伝えられると、群衆の態度は一変。ついには大黒親子の命が狙われる事態となる。

 また『伊藤潤二短編集 BEST OF BEST』は、読み切りを集めた作品集となる。江戸川乱歩の『人間椅子』、『ろくでなしの恋』を原作にした作品や、評価の高い『阿彌陀羅断層の怪』など10篇が収録されている。『阿彌陀羅断層の怪』は断層にある人型の穴に、人々が魅了されていくストーリーだ。

(画像は伊藤潤二氏2021アイズナー賞受賞!!|ニュース|ソノラマプラスより)

 今回、無料公開となった『フランケンシュタイン』も、2019年のアイズナー賞にて「最優秀コミカライズ作品賞」を受賞した作品となる。映画化もされたメアリー・シェリーの有名なゴシック小説を、伊藤潤二氏が独自の解釈でマンガ化している。

 また『首吊り気球』は、伊藤潤二氏の作品では特に人気の高い作品。人気アイドルの自殺から物語ははじまり、空中に浮かぶ生首が目撃されはじめる、というストーリー。7月16日に、東京・代々木公園にて、アートプロジェクト「まさゆめ」による「巨大な顔」を模した気球のような浮かびあがり、本作を彷彿とさせる感想が相次いだ。

 『フランケンシュタイン』の無料公開は7月24日(土)から1週間となっており、興味がある人は忘れずに読んでおこう。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter: @fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ