『冤罪執行遊戯ユルキル』公式サイトがオープン。ストーリーの一端が明らかに。脱出アドベンチャーゲーム&弾幕シューティングゲームを組み合わせた異色作。2022年春に発売

 イザナギゲームズは、脱出アドベンチャーゲーム&弾幕シューティングゲームを組み合わせた『冤罪執行遊戯ユルキル』公式サイトをオープンした。プラットフォームはPS4、PS5、Nintendo Switch、PC(Steam)。

 またあわせて、シナリオに本作の原作者・河本ほむら氏の弟・武野光氏が参加していることも合わせて明らかにした。また発売は2021年内から、2022年春に延期したという。

 『冤罪執行遊戯ユルキル』は、犯罪者とその被害者が遊園地ユルキルランドで戦いを繰り広げる脱出アドベンチャーゲーム&弾幕シューティングゲーム

 監獄で目覚めた春秋千石は、21人の家族を焼き殺した放火殺人犯として服役中の身の囚人だ。ある日「びん子」と名乗る女が、「実刑を受けている犯罪者のあなたにチャンスをあげましょう。これからとある遊園地の様々なアトラクションに挑み、勝利すれば無罪放免です」と告げる。主人公は「違う、俺は冤罪なんだ!」と叫ぶが、空しく響き渡るだけだ。

 春秋千石が、無人の遊園地ユルキルランドに連れていかれると、そこには千石の他にも、4組の犯罪者と被害者の姿が。そして犯罪者を「囚人」、被害者を「執行人」と呼び、ペアを組んでアトラクションに臨むこととなった。「大量殺人」、「双子殺人」、「謀略殺人」「ストーカー殺人」「覗き魔」、それぞれのチームで戦い勝ち残るのは誰なのか。

 本作は、マンガ『賭ケグルイ』の原作者として知られる河本ほむら氏が原作、その弟の武野光氏がシナリオ、『蒼き革命のヴァルキュリア』清原紘氏がキャラクターデザインを務める。

 今回は公式サイトのオープンと武野光氏の参加が明らかになった一方、2021年であった発売予定は2022年春へ延期されている。公式サイトでは本作のストーリーも明らかになった形だが、どのように脱出アドベンチャーと弾幕シューティングの要素が絡んでくるのかは、不明だ。

 本作は東京ゲームショウなどで展示されていたが、まだまだ謎が多い作品。続報に期待したい。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ