生活シミュレーション『ザ・シムズ』をTwitch配信者がまさかの実写化。視聴者に自分の行動を決定させる番組として配信、同時視聴者数は10万人以上に

 Twitchで活動しているストリーマーJerma985氏が、生活シミュレーションゲーム『ザ・シムズ』を長時間にわたって配信上で「再現」したことが話題になっている。海外メディアKotakuPC Gamerなどが報じている。

生活シミュレーション『ザ・シムズ』をTwitch配信者がまさかの実写化。視聴者に自分の行動を決定させる番組として配信、同時視聴者数は10万人以上に_001
(画像はTwitchチャンネル「Jerma985」より)
生活シミュレーション『ザ・シムズ』をTwitch配信者がまさかの実写化。視聴者に自分の行動を決定させる番組として配信、同時視聴者数は10万人以上に_002
(画像はTwitchチャンネル「Jerma985」より)

 『ザ・シムズ』シリーズは、Electronic Artsから発売されている生活シミュレーションゲーム。プレイヤーはゲーム中に出てくる「シム」となって空腹、清潔、眠気、尿意、便意などを管理しながら生活を営む。

 勉強や技術を身につ行けて高収入の仕事につくのもよし、恋人を探してひたすら自分の魅力を高めるのもよし、その日暮らしでダラダラと生活をするのもよし、自由度の高さが魅力となっている。家具なども豊富でインテリアやガーデニングなどをカスタマイズすることが可能だ。

 このゲームを、ストリーマーのJerma985氏が約3時間にわたり架空のゲーム「The Jerma985 Dollhouse」として配信上で再現。まずJerma985氏は配信を開始すると、人種や服装、髪型などを設定して「シム」を作るゲーム冒頭のシステムを再現し、服装や帽子、アクセサリーなどがコロコロ切り替わるJerma985氏が映し出された。

生活シミュレーション『ザ・シムズ』をTwitch配信者がまさかの実写化。視聴者に自分の行動を決定させる番組として配信、同時視聴者数は10万人以上に_003
(画像はTwitchチャンネル「Jerma985」より)
生活シミュレーション『ザ・シムズ』をTwitch配信者がまさかの実写化。視聴者に自分の行動を決定させる番組として配信、同時視聴者数は10万人以上に_004
(画像はTwitchチャンネル「Jerma985」より)
生活シミュレーション『ザ・シムズ』をTwitch配信者がまさかの実写化。視聴者に自分の行動を決定させる番組として配信、同時視聴者数は10万人以上に_005
(画像はTwitchチャンネル「Jerma985」より)
生活シミュレーション『ザ・シムズ』をTwitch配信者がまさかの実写化。視聴者に自分の行動を決定させる番組として配信、同時視聴者数は10万人以上に_006
(画像はTwitchチャンネル「Jerma985」より)
生活シミュレーション『ザ・シムズ』をTwitch配信者がまさかの実写化。視聴者に自分の行動を決定させる番組として配信、同時視聴者数は10万人以上に_007
(画像はTwitchチャンネル「Jerma985」より)
生活シミュレーション『ザ・シムズ』をTwitch配信者がまさかの実写化。視聴者に自分の行動を決定させる番組として配信、同時視聴者数は10万人以上に_008
(画像はTwitchチャンネル「Jerma985」より)

 この一連のシーンが終わると、ロード画面が挟まったあと家を再現した巨大なセットが映し出され、シムが拍手する挙動を再現しながらインテリアなどを見回った。

 さらにこの配信は、Jerma985氏の行動を視聴者の「投票」によって決める仕組みがあり、Jerma985氏は投票結果に従い、ゲームのように運動や請求書などを払う行動をしている。

 トイレやバスルームでシャワーを浴びるときは、ゲームのようにモザイクがかかったり、部屋に仕掛けられたカメラなどから視点が移り変わったり大がかりな仕組みになっている。

 なおこの3時間にもわたる配信は、じつは「チュートリアル」であり、Jerma985氏は別の日に約5時間、さらに別の日には約6時間もの配信を行っている。

 そのときの配信ではゲームのように奇抜な近隣住民や死神が訪ねてきており、混乱の一途を辿っている。

 こうした大規模かつ長時間にわたるJerma985氏はパフォーマンスは、ユーザーから称賛されており、同時視聴者数は10万人を超える盛り上がりを見せた。動画はアーカイブで見ることができるので、気になった人は視聴してみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ