新店舗「喫茶ハトの巣」も登場する『あつまれ どうぶつの森』次回の無料アップデートは11月5日に配信決定。「かっぺいのボートツアー」やバザールなど多くの新要素も登場

 任天堂は、発売中のNintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』について、11月5日(金)に無料アップデート「Ver.2.0」を配信すると発表した。本作は税別6578円で発売中だ。なお、ゲーム本編では本アップデートが最後のコンテンツ追加となる。

 オンラインプレイの利用については有料サービス「Nintendo Switch Online」への加入が必要となる。

(画像はYouTube「あつまれ どうぶつの森 Direct 2021.10.15」より)

 今回のアップデート後には館長である「フータ」のお願いをきくことで、博物館の2階に喫茶店「喫茶ハトの巣」が開店する。店内では「マスター」によるコーヒーを1杯200ベルで提供してもらえるほか、発売されている『どうぶつの森』のamiiboを使うことで好きなどうぶつの客を招待可能。通信プレイで集まったほかのプレイヤーと一緒にコーヒーを飲むこともできるという。

 また、魚釣りスポットでしかなかった島の桟橋にはカッパの「かっぺい」が登場する。話しかけると異なる季節・時間のものを含む新たな離島へ連れて行ってもらえるほか、これまで見られなかった植物なども用意されているようだ。

(画像はYouTube「あつまれ どうぶつの森 Direct 2021.10.15」より)
(画像はYouTube「あつまれ どうぶつの森 Direct 2021.10.15」より)
(画像はYouTube「あつまれ どうぶつの森 Direct 2021.10.15」より)

 続いて、写真スタジオを営む「パニエル」の島には、さまざまなお店を誘致できる広場も追加され、初めて今作へ登場する占い師「ハッケミィ」をはじめとする行商人たちが集まっていく。さらに、普段の暮らしでは広場で開かれる「ラジオ体操」や、プレイヤーのライフスタイルにあわせて変えられる島の「条例」機能が新たに登場する。

 役場では、料理のレシピや天井家具、カメラアプリの機能追加など新サービスを利用できる。収納は最大5000個まで拡張可能となったほか、マイホームの新たな外観も登場。島に設置できる橋・坂の最大数も増加するようだ。

 上記のほか、住民からのお宅訪問やお誘い、島を訪れるアーティスト「とたけけ」の新曲追加はにわの発掘、新たな家具、常設型のはしごなど、追加されるコンテンツは盛りだくさんだ。まさに「最後のコンテンツ追加」のまくら言葉に相応しいアップデートといえるだろう。

 だが、番組内では大型の有料追加コンテンツ「ハッピー ホーム パラダイス」も発表されている。飛行機で向かう新たな舞台での“お仕事”が待っているようなので、島民たちの日常はまたしばらく忙しくなりそうだ。

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ