『フォートナイト』がアニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』とのコラボが開始。うずまきナルト、うちはサスケ、春野サクラ、はたけカカシが参戦

 エピック ゲームズ ジャパンは、バトルロイヤルゲーム『フォートナイト』が、アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』とコラボすることを発表し、うずまきナルト、うちはサスケ、春野サクラ、はたけカカシが 『フォートナイト』に本日11月16日(火)より参戦すると発表した。

『フォートナイト』がアニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』とのコラボが開始。うずまきナルト、うちはサスケ、春野サクラ、はたけカカシが参戦_001
『フォートナイト』がアニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』とのコラボが開始。うずまきナルト、うちはサスケ、春野サクラ、はたけカカシが参戦_002

 『NARUTO -ナルト-』は、1999年から2014年まで連載された同名マンガを原作としたTVアニメ。2002年からテレビ東京系列にてアニメが放送開始され、2007年からは『NARUTO-ナルト- 疾風伝』として2017 年3月まで放送した。
 
 主人公の忍者うずまきナルトが、ライバルとの死闘や過去の因縁を乗り越えて、木ノ葉隠れの里の長・火影(ほかげ)を目指す「ジャンプ漫画」王道作品として、日本のみならず海外でも絶大な人気を誇る作品だ。

 今回は、その『NARUTO-ナルト- 疾風伝』がバトルロイヤルゲーム『フォートナイト』とコラボ。今回はEpic Games集英社ぴえろと連携しており、『フォートナイト』がアニメ作品とコラボするのは初めてだという。

 コラボ内容としては、『NARUTO ‐ナルト‐ 疾風伝』のうずまきナルト、うちはサスケ、春野サクラ、はたけカカシのコスチュームをゲーム内で購入が可能になる。

『フォートナイト』がアニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』とのコラボが開始。うずまきナルト、うちはサスケ、春野サクラ、はたけカカシが参戦_007

 この中では、うずまきナルト、春野サクラ、はたけカカシは違うこすちゅームのスタイルもラインナップされており、うずまきナルトは「七代目火影」、春野サクラは「うちはサクラ」、はたけカカシは「暗部 カカシ」のスタイルが含まれている。

 またナルトの「巻物」、カカシの忍犬「パックン」、サクラの「木ノ葉隠れのマント」とサスケの「風魔手裏剣」がバックアクセサリーとして装備可能に。

『フォートナイト』がアニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』とのコラボが開始。うずまきナルト、うちはサスケ、春野サクラ、はたけカカシが参戦_008

 うずまきナルトの中に封印された尾獣、「九喇嘛」(クラマ)のグライダーでフォートナイトのマップに着陸したり、武器と回復アイテムを拾い集めることもできるようになる。

『フォートナイト』がアニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』とのコラボが開始。うずまきナルト、うちはサスケ、春野サクラ、はたけカカシが参戦_009

 ほかにも『NARUTO ‐ナルト‐ 疾風伝』に登場する武器をテーマにした「ツルハシ」も登場する。「飛段の鎌」、「暗部の刀」、「クナイ」(別スタイル「ブラック」付き)と「草薙の剣」を使いこなして、建築素材を集めよう。

 さらにラーメンを食べるエモート「ラーメンの時間」と、「口寄せの術」エモートも利用することができる。

 ゲーム中のマップでは、はたけカカシが登場し特別な忍者の任務を受注することができる。この任務をクリアすると報酬がもらえるほか、マップでは起爆札付きクナイが武器で拾い、敵プレイヤーに投げつけることができる。

『フォートナイト』がアニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』とのコラボが開始。うずまきナルト、うちはサスケ、春野サクラ、はたけカカシが参戦_010
『フォートナイト』がアニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』とのコラボが開始。うずまきナルト、うちはサスケ、春野サクラ、はたけカカシが参戦_011

 クリエイティブモードでは、ナルトたちの住まい「木ノ葉隠れの里」がマップ上に登場。おなじみの火影岩からナルトの大好きな「一楽」ラーメン屋にいたるまで、アニメの世界が再現されている。

 また日本時間の11月17日午後6時から11月22日午前1時59分までの期間限定で、クリアするとゲーム内報酬が獲得できるコミュニティバトルチャレンジが登場するとのこと。上位10000に毎日入ったプレイヤーは、グライダー「九喇嘛」を獲得するチャンスが与えらるという。

 なお参加方法は、忍道のウェブサイトで登録が必要となるので、詳細は忍道ブログの投稿を確認して欲しい。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ