タイムループ・アドベンチャー『忘れられた都市 – The Forgotten City』の発売日が2021年12月23日「2022年3月3日」に延期へ

 オーイズミ・アミュージオは、アドベンチャーゲーム『忘れられた都市 – The Forgotten City』の発売日を2021年12月23日(木)から「2022年3月3日(木)に延期すると発表した。

 理由は「諸般の事情」としている。対象プラットフォームはPS4、PS5。価格はパッケージ版が税込6578円、ダウンロード版が税込5980円。

 『忘れられた都市 – The Forgotten City』は古代ローマの古代都市を舞台にしたタイムループ・ミステリーアドベンチャーゲーム。

 主人公は現代から古代ローマの時代にタイムスリップした「あなた」。その都市は「ひとりが罪を犯せば、すべての人が死ぬさだめとなる」という呪いがかけられている不思議な場所だった。主人公はこの都市を救うために何度もタイムループを繰り返し、都市の住民から情報を聞き出し、ときには倫理的選択をして運命を決めることになる。

タイムループ・アドベンチャー『忘れられた都市 – The Forgotten City』の発売日が2021年12月23日「2022年3月3日」に延期へ_001
(画像は忘れられた都市 – The Forgotten City – オーイズミ・アミュージオより)
タイムループ・アドベンチャー『忘れられた都市 – The Forgotten City』の発売日が2021年12月23日「2022年3月3日」に延期へ_002
(画像は忘れられた都市 – The Forgotten City – オーイズミ・アミュージオより)
タイムループ・アドベンチャー『忘れられた都市 – The Forgotten City』の発売日が2021年12月23日「2022年3月3日」に延期へ_003
タイムループ・アドベンチャー『忘れられた都市 – The Forgotten City』の発売日が2021年12月23日「2022年3月3日」に延期へ_004
(画像は忘れられた都市 – The Forgotten City – オーイズミ・アミュージオより)

 本作はもともと『The Elder Scrolls V: Skyrim』のMODをリメイクした作品で、原作と比べて大幅にストーリーを追加し、舞台を古代ローマの時代に変更してUnreal Engineを使って開発された作品だ。

 すでに発売している海外からは高い評価を受けており、記事執筆時点でSteamでは2900件近いレビューが集まり「圧倒的に好評」となっている。またレビュー集積サイトmetacriticでもPC版が「85」と高いスコアをマークしている。

 歴史を背景とした重厚なシナリオや、相手を説き伏せたり、魅了したり、ときには賄賂や恫喝などを使える自由度の高さ、そしてタイムリープを使ったギミックがプレイヤーから好評のようだ。ゲームはマルチエンディングとなっており、選択が重要になってくる。

 残念ながら日本語版が発売延期となってしまった本作。ループもののミステリーアドベンチャーの傑作をプレイできるまで、もうしばらく辛抱だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年1月27日18時~2023年1月27日19時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ