度し難い3DアクションRPG『メイドインアビス 闇を目指した連星』の新たなゲーム画面が公開。CERO Z(18歳以上のみ対象)で過酷な「アビス」の冒険を描く

 スパイク・チュンソフトは、3DアクションRPG『メイドインアビス 闇を目指した連星』の新しいゲーム画面を公開し、ゲームの内容を紹介した。

 『メイドインアビス 闇を目指した連星』の対象プラットフォームはPS4、Nintendo Switch、PC(Steam)、2022年に発売予定。

 『メイドインアビス 闇を目指した連星』は、つくしあきひと先生によるマンガ『メイドインアビス』を2017年にアニメ版を原作とした「度し難いアクションRPG」。イベントシーンはアニメキャストによるフルボイスで展開する。

 探窟家見習いのリコとロボットのような少年レグのふたりが、人類最後の秘境と呼ばれる縦穴「アビス」に挑戦する冒険を描く。原作はほのぼのとした絵柄ながらも苛烈な描写や重厚なファンタジー世界が特徴だ。

 ゲームでは、リコとレグの過酷な冒険を描いたアニメを追体験するストーリーのほか、アニメの世界を3Dグラフィックを再現しており、原生生物との戦い、遺物の収集などのスクリーンショットが公開されている。また詳しい詳細は不明ながら、新米探窟家としてアビスの深層に挑むモードが搭載されているとのこと。

 他にもつくしあきひと先生が監修したオリジナルストーリーも用意されているとのことなので、どのようなものになっているのか気になるところだ。

 本作のCERO Z(18歳以上のみ対象)なので、原作ならではの過酷な描写にも期待できそうだ。具体的な発売日など、今後の続報に期待したい。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ