『ポケモンユナイト』が今年の「ベストゲーム」に選出。アメリカ版Google Playに登録された作品が対象のアワードで部門賞とダブル受賞

 Googleは11月29日(月)、アメリカ版「Google Play」でその年のカルチャーに大きく貢献したアプリとゲームを表彰する「Google Play’s Best of 2021」の受賞作品を発表した。ゲーム部門の大賞には『ポケモンユナイト』が選出され、国際的な高い評価を明らかにした形だ。

 選考対象の範囲をWear OSやGoogle TV、タブレット端末向けに拡大し開催された今回のアワード。人気シリーズ『ポケットモンスター』の世界観と、味方と協力して敵チームの本拠地の破壊を目指すMOBAスタイルが融合した『ポケモンユナイト』が、大賞に並び「もっとも優れた競技(Best Competitive)」部門をダブル受賞した。

 Google PlayのBrett Bouchard氏は選考の理由について、『ポケモンユナイト』のダイナミックなゲームプレイとプラットフォームの垣根を超えて遊べる点を挙げている。9月にモバイル向けのサービスを開始した同作は、Android、iOS、Nintendo Switchのいずれの機種間でも対戦を楽しむことができ、ボイスチャットにも対応している。

『ポケモンユナイト』が今年の「ベストゲーム」に選出。アメリカ版Google Playに登録された作品が対象のアワードで部門賞とダブル受賞_001
(画像はニンテンドーeショップ『ポケモンユナイト』より)
『ポケモンユナイト』が今年の「ベストゲーム」に選出。アメリカ版Google Playに登録された作品が対象のアワードで部門賞とダブル受賞_002
(画像は『ポケモンユナイト』公式サイトより)

 部門ごとの受賞作一覧は以下のとおり。ユーザー投票部門にはバトルロイヤルゲーム『Garena Free Fire MAX』が選ばれたほか、インディー部門には「穴」を操作して街に設置されたオブジェを飲み込んでいくパズルゲーム『Donut County』も名を連ねている。

Best Game
・ポケモンユナイト

Users’ Choice 2021Game
・Garena Free Fire MAX

Best Competitive
・League of Legends: Wild Rift
・MARVEL Future Revolution
・ポケモンユナイト
・Rogue Land
・Suspects: Mystery Mansion

Best Game Changers
・Inked
・JanKenUP!
・Knights of San Francisco
・Overboard!
・Tears of Themis

Best Indies
・7 Billion Humans
・Bird Alone
・Donut County
・My Friend Pedro: Ripe for Revenge
・Puzzling Peaks EXE

Best Pick Up & Play
・Cats in Time
・Crash Bandicoot: On the Run!
・Disney POP TOWN
・Switchcraft
・Towers

Best for Tablets
・Chicken Police — Paint it RED!
・League of Legends: Wild Rift
・My Friend Pedro: Ripe for Revenge
・Overboard!
・The Procession to Calvary

 なお同アワードについては、日本国内版の「ベストオブ 2021」も11月30日(火)に発表された。こちらでは『ポケモンユナイト』がエキサイティング部門に選ばれ、大賞には『ウマ娘 プリティーダービー』が輝いている。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ