『学校であった怖い話』の飯島多紀哉氏が原作・脚本を担当する新作ホラーアドベンチャーゲーム『アパシー 鳴神学園七不思議』発表。2022年夏にNintendo Switch向けに発売へ

 株式会社メビウスは、飯島多紀哉氏が原作・脚本を担当する新作ホラーアドベンチャーゲーム『アパシー 鳴神学園七不思議』を発表した。あわせてティザーサイト、PVを公開している。

 対象プラットフォームはNintendo Switch。発売は2022年夏を予定している。

 『アパシー 鳴神学園七不思議』(なるがみがくえんななふしぎ)は、『学校であった怖い話』、『ラストハルマゲドン』などで知られるゲームクリエイターの飯島多紀哉氏によるホラーアドベンチャーゲーム。

新聞部の一年生である坂上修一が校内新聞で七不思議の特集をするため、先輩が集めた7人の語り部から一話ずつ怖い話を聴いていくことになった。

しかし部室の扉を開けると、そこにいたのは6人だった。

まだ見ぬ7人目を待たずして七不思議の集会をはじめることになったが、部室は何やら不穏な空気で満ちていた。

この集会をしてはならない、そう頭によぎれども、もう引き返すことはできないのだ。

6人は一体どんな話を語ってくれるのだろうか。そして最後に待ち受けているものとは……?

キャラクターデザインは倉馬奈未氏が担当し、飯島多紀哉氏執筆によるシナリオは、これまでにない長大のボリュームになるという。PVでは飯島多紀哉氏が意気込みを語っており「ノベルゲームの最高峰」を目指して、開発を進めているとのこと。

(画像はアパシー 鳴神学園七不思議 始動より)
(画像はアパシー 鳴神学園七不思議 始動より)
(画像はアパシー 鳴神学園七不思議 始動より)
(画像はアパシー 鳴神学園七不思議 始動より)

 ゲームのさらなる詳細は、2022年2月に公開予定とのこと。続報を楽しみにしたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ