エアホッケーのようなゲーム性に3次元的なアクションを取り入れ高い競技性を生んだ『フライングパワーディスク』の続編が2022年1月20日に発売決定

 開発元のDotemuは12月14日(火)、『Windjammers 2』2022年1月20日(月)に発売すると発表した。

 本作は、1994年にNEOGEO向けに発売された対戦スポーツゲーム『フライングパワーディスク』(海外版名称、Windjammers)の正式な続編となる。

 初代『フライングパワーディスク』は、特殊なフリスビーのようなものを投げあい、お互いのコートの端にあるゴールに投げ入れることで得られるスコアを競う、見下ろし視点のアクションゲームだ。

 ゲームプレイはエアホッケーに近いものだが、ディスクを空中に高く上げ、落ちてくるまでにパワーをためて強力な一撃を放つことができる、3次元的な動きを活用したゲーム性が特徴となる。

 そのシンプルながら豊富な駆け引きが可能な、高い競技性を持つゲームシステムと、速いゲームスピードで人気を集めた。また、必殺技のたびに叫ぶキャラクターや、周囲の観客の歓声といった演出面からも、試合に熱くなれる雰囲気づくりが試みられている。

 2017年にPS4、PS Vita用に、2018年にはNintendo Switchに向けても、オンライン対戦機能などがくわえられた『フライングパワーディスク:Windjammers』が発売された。

エアホッケーのようなゲーム性に3次元的なアクションを取り入れ高い競技性を生んだ『フライングパワーディスク』の続編が2022年1月20日に発売決定_001
(画像はニンテンドーeショップ『フライングパワーディスク:Windjammers』販売ページより)

 『Windjammers 2』においても基礎的なゲームシステムは踏襲しており、前作で使用可能だった6名のキャラクターは全員がプレイアブルとなっている。

 また、新たに4名のキャラクター新ステージを追加。キャラクターはそれぞれパワーやスピード、必殺技の性能で差別化されているので、自分好みのキャラクターを探してみるのも面白いだろう。
 グラフィックは2Dのアニメーションに一新され、かつてのキャラクターたちの新たな装いをうかがうこともできる。そして、90年代を彷彿とさせるサウンドトラックは「ヤバいくらいにヘドバンできるサウンド」と紹介されている。

エアホッケーのようなゲーム性に3次元的なアクションを取り入れ高い競技性を生んだ『フライングパワーディスク』の続編が2022年1月20日に発売決定_002
(画像はSteam『Windjammers 2』販売ページより)

 そのほか、新たなシステムとして「スラップショット」「ドロップショット」、ゲージを使って放つ「EXムーブ」などのアクションが追加され、さらにスピード感を増したアクションと、高い競技性を持った試合に望めるようだ。

 『Windjammers 2』はNintendo Switch、PS4、Xbox One、PC(Steam)向けに、2022年1月20日(月)に発売予定。Steamストアページの記述によれば、ゲーム内は日本語表示にも対応するとされている。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月7日23時~2023年2月8日00時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ