PC版『ゴッド・オブ・ウォー』が配信開始、映画さながらの豪華な映像体験を味わえる「ウルトラワイドスクリーン」の紹介映像も公開中

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは1月15日(土)、PC版『ゴッド・オブ・ウォー』を発売した。1月14日(金)には発売に先駆け、PC版ならではの機能となるウルトラワイドスクリーンを紹介する映像も公開されている。

 『ゴッド・オブ・ウォー』はPS4向けに2018年に発売されたアクションアドベンチャーゲーム。2005年にPS2で発売された同名タイトルから続くシリーズ作品でありつつ、北欧を舞台とした新たな物語に一新されており、システム面でも育成フィールド探索といった要素がくわえられた。

 シリーズタイトルを通して描かれてきた復讐の過去を捨てた主人公「クレイトス」が、自らの過去に向きあい、さらに息子「アトレウス」に戦って生き残ることを教えるため、ふたたび北欧の地で戦いに身を投じていく物語が描かれる。

 そのゲームメカニクスの完成度と、重厚かつ心動かされる物語は世界的に高い評価を受け、2018年には「The Game Awards」をはじめとする複数の権威あるアワードにおいて、「Game of the Year」に選出された。

(画像はPlayStation.Blogより)

 今回発売されるPC版ではビジュアル面がさらに強化されており、対応デバイスではフレームレートの制限なしに4Kのグラフィックを堪能できるとのことだ。

 また「NVIDIA DLSS」「NVIDIA Reflex」といった機能に対応しており、一部のNVIDIA製GPU上ならば高いフレームレートを維持しつつシャープなグラフィックを味わえ、さらに応答性の高い快適なゲームプレイを実現している。

 操作面においても「DUALSHOCK 4」「DualSense」をはじめとする多くのコントローラーをサポートし、マウスとキーボードでの操作割り当ても自由にカスタマイズできる仕様となっている。

 PC版『ゴッド・オブ・ウォー』はSteam、Epic Games Storeにて現在配信中、価格は4900円(税込)となる。PlayStation.Blogでは、プレイに役立つヒントをまとめた記事も公開されているので、ぜひこちらもチェックしてみていただきたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ