「不知火舞」のビジュアルをあますことなく堪能できるフィギュアが予約受付を開始。『KOF』や『餓狼伝説』で人気を集めた魅惑のくのいちが7分の1サイズで立体化

 コトブキヤより『THE KING OF FIGHTERS ’98』の登場キャラクター「不知火舞」のフィギュア「SNK美少女 不知火舞 -THE KING OF FIGHTERS ’98-」2022年8月に発売される。現在、コトブキヤオンラインショップをはじめとするいくつかのストアにて予約を受付中だ。

 その妖艶なビジュアルと華麗な身のこなしで人気を集める「不知火舞」は、SNK開発の格闘ゲーム『餓狼伝説2 新たなる闘い』にて初登場した。その後も『餓狼伝説』シリーズや『THE KING OF FIGHTERS』シリーズといった作品に登場し、『デッド オア アライブ』『CAPCOM VS. SNK』、さらには『パズル&ドラゴンズ』などとのコラボレーションにおいても活躍している。

 本製品は、さまざまな映画やゲーム、コミックのヒロインたちをリードアーティストの山下しゅんや氏が独自の視点からアレンジし、描きおこされたイラストをもとに立体化する「BISHOUJO」シリーズのひとつ。山下氏がこのフィギュアのためだけに描き上げた魅惑のくのいちが、原型師の藤本圭紀氏の手により立体化された。

「不知火舞」のビジュアルをあますことなく堪能できるフィギュアが予約受付を開始。『KOF』や『餓狼伝説』で人気を集めた魅惑のくのいちが7分の1サイズで立体化_001
(画像はコトブキヤ公式サイト「SNK美少女 不知火舞 -THE KING OF FIGHTERS ’98-」製品紹介ページより)

 紅白の装束に包まれた健康的な上半身から、背後の帯と臀部のバランス、さらには太ももからひざ裏にかけての美しいラインなど、どんな角度からの鑑賞でも見ごたえを感じられるフィギュアとなっている。

 台座には、かつてのSNK本社前を再現したとも言われる「JAPAN STREET」ステージの高架下の路面を再現。キャラクターのみにとどまらず、『THE KING OF FIGHTERS ’98』の雰囲気までをも表現した一品だ。

「不知火舞」のビジュアルをあますことなく堪能できるフィギュアが予約受付を開始。『KOF』や『餓狼伝説』で人気を集めた魅惑のくのいちが7分の1サイズで立体化_002
(画像はコトブキヤ公式サイト「SNK美少女 不知火舞 -THE KING OF FIGHTERS ’98-」製品紹介ページより)

 「SNK美少女 不知火舞 -THE KING OF FIGHTERS ’98-」は、コトブキヤオンラインショップなどで現在予約を受付中、価格は14300円(税込)となる。3月15日(火)までに予約することで確実に入手できるので、絶対に手に入れたい、という方には早めの予約をおすすめしたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ