『劇場版 呪術廻戦 0』の興行収入が104億円を突破、観客動員は760万人以上に。大ヒット御礼舞台挨拶が開催へ

 東宝は2月7日、『劇場版 呪術廻戦 0』の観客動員が760万人を突破し、興行収入が104億円を突破したことを発表した。あわせて、大ヒット御礼舞台挨拶の中継劇場も公開となった。

 日経新聞によると、2月4日に興行収入が100億円を突破しており、2021年12月24日の公開から43日間での達成となっている。


 『劇場版 呪術廻戦 0』は芥見下々(あくたみ げげ)氏「週刊少年ジャンプ」にて連載する漫画『呪術廻戦』を原作とする長編アニメ映画だ。

 本作では『呪術廻戦』のプロトタイプであり正式な前日譚の漫画『東京都立呪術高等専門学校』の物語が描かれる。

 本作の主人公は乙骨憂太。乙骨は『呪術廻戦』の本編にて、主人公の虎杖悠仁が所属する東京都立呪術高等専門学校の先輩として登場するキャラクターだ。

 『劇場版 呪術廻戦 0』では、婚約者の少女である特級過呪怨霊・祈本里香が取り付いた乙骨が東京都立呪術高等専門学校に入学し、内気な乙骨が自ら祈本里香を解呪せんと奮闘する様や、突如現れた特級呪詛師「夏油傑」との抗争が描かれる。

『劇場版 呪術廻戦 0』の興行収入が104億円を突破_001
(画像はNEWS|『劇場版 呪術廻戦 0』公式サイトより)

 今回の発表にあわせて、大ヒット御礼舞台挨拶が2022年2月12日にTOHOシネマズ 日比谷にて開催されると発表された。

 舞台挨拶の登壇者は乙骨憂太役を務める緒方恵美さん、祈本里香役の花澤香菜さん五条悟役中村悠一さん、夏油傑役の櫻井孝宏さんを予定している。

 チケットはチケットぴあでの抽選販売となり、申し込み受付期間は1月31日(月)の12時から2月8日(火)11時までとなる。価格は一般料金が2100円、大学生および専門学校生が1700円、高校生および3歳から中学生までが1200円、障がい者手帳をお持ちの方は1200円、60歳以上が1400円となる。

 また、全国の劇場にて大ヒット御礼舞台挨拶の全国同時生中継が実施される。中継のチケット販売は2月8日(火)24時から開始されるため、興味がある読者は大ヒット御礼舞台挨拶の特設ページにアクセスして詳細を確認されたい。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ