日本一ソフトウェアが2022年3月期の第3四半期決算短信を公開。売上高30.7%増、営業利益90.5%増と大幅な増収増益を達成

 日本一ソフトウェアは2月10日(木)、2022年3月期の第3四半期(2021年4月~12月31日)における決算短信を公開した。

 第3四半期の連結累計期間における同社の業績は、売上高45億1841万7000円(前年同期比30.7%増)、営業利益14億9139万円(前年同期比90.5%増)、経常利益15億3685万5000円(前年同期比104.5%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益10億3289万6000円(前年同期比107.0%増)と、前年比で大幅な増収・増益を成し遂げている。

 ゲームをはじめとするエンターテインメント事業においては『探偵撲滅』『わるい王様とりっぱな勇者』『風雨来記4』など7つのパッケージタイトルと、5つのiOS、Android向けゲームアプリをリリースした。

日本一ソフトウェアが決算短信を公開。2022年3月期の第3四半期_001
(画像はニンテンドーeショップ『探偵撲滅』販売ページより)

 くわえて、海外のインディーゲームを発掘して国内向けの移植、販売を手がけるプロジェクト「日本一Indie Spirits」として『メイデン アンド スペル』および『Darkwood』の2タイトルを発売した。

日本一ソフトウェアが決算短信を公開。2022年3月期の第3四半期_002
(画像はニンテンドーeショップ『メイデン アンド スペル』販売ページより)

 また国内で発売されたタイトルについて、北米や欧州、アジア地域に向けたローカライズと販売を実施。そのほか新規タイトルの開発や関連商品のライセンスアウト、カードゲームショップ「プリニークラブ」の運営なども継続してきている。

 結果として同事業においては、売上高44億7781万6000円(前年同期比30.2%増)、営業利益18億1758万2000円(前年同期比62.6%増)となった。

 エンターテインメント事業のほか、同社は学生支援を目的に岐阜県内で学生寮2件を運営しており、こちらは売上高4060万円(前年同期比108.7%増)、営業損失1416万8000円(前年同期営業損失2117万3000円)を記録した。

 将来予測については、第4四半期の連結会計期間における商品の販売動向など、いまだ不確定な要素を含んでいるとして、2021年11月12日に公開された業績予想から変更はなし。2022年3月期の通期連結業績予想としては、売上高52億3400万円、営業利益14億7500万円、経常利益14億7400万円、親会社株主に帰属する当純利益は11億7200万円を見込む。

 そのほか詳細については、日本一ソフトウェア公式サイトの「IR情報」ページも参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ