『星のカービィ スーパーデラックス』のアレンジ楽曲が第64回グラミー賞を受賞。「メタナイトの逆襲」をビッグバンドがカバー

 THE RECORDING ACADEMYは、第64回グラミー賞にて『星のカービィ スーパーデラックス』の楽曲をカバーしたThe 8-Bit Big Bandによる「Meta Knight’s Revenge – Fusion Big Band version ft. Button Masher」が、「ベストアレンジ(インストおよびアカペラ部門)」を受賞したと発表した。

 今回、世界でもっとも権威ある音楽賞のひとつ「グラミー賞」を受賞したのは1996年にスーパーファミコン向けに発売した『星のカービィ スーパーデラックス』から、「メタナイトの逆襲」というゲームモードで流れるいくつかの楽曲をThe 8-Bit Big Bandがカバーしたもの。

『星のカービィ スーパーデラックス』のアレンジ楽曲が第64回グラミー賞を受賞_001
(画像はYouTube「【ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン】星のカービィ スーパーデラックス」より)
『星のカービィ スーパーデラックス』のアレンジ楽曲が第64回グラミー賞を受賞_002
(画像はYouTube「【ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン】星のカービィ スーパーデラックス」より)
『星のカービィ スーパーデラックス』のアレンジ楽曲が第64回グラミー賞を受賞_003
(画像はYouTube「【ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン】星のカービィ スーパーデラックス」より)

 「メタナイトの逆襲」のメドレーは、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にもアレンジして使われており、原曲は1作目から『星のカービィ』シリーズの音楽を担当してきた作曲家の石川淳氏が制作。今回のThe 8-Bit Big Bandによるカバーはビッグバンド形式でカバーしている。

 The 8-Bit Big Bandは、ニューヨークを中心に活動している30から65人のメンバーで構成されるジャズ、ポップスのオーケストラバンド。あらゆる時代のゲーム音楽を大編成のジャズ、ポップ、ロックにアレンジするために結成された。

 これまで『ゼルダの伝説』や『スーパーマリオ64』、『F-ZERO』、『ポータル』、『ソニック』シリーズなど多彩なゲーム音楽をカバーしている。「メタナイトの逆襲」のアレンジ楽曲はThe 8-Bit Big BandのYouTube公式チャンネルにて、確認できる。

 ビデオゲームの楽曲がグラミー賞に受賞したのは2011年の『シヴィライゼーション4』の「Baba Yetu」以来で、『風ノ旅ビト』や『Call of Duty: Black Ops 2』がノミネートされたことはあるものの、受賞には至っていなかった。それだけに今回の受賞は快挙といえるだろう。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ