いま読まれている記事

戦国時代を舞台に、農民から伝説の男へと成り上がるサバイバルゲーム『Sengoku Dynasty』開発映像が公開。武士や職人、あるいは悟りの道を極めて過酷な戦乱の時代を生き抜こう

article-thumbnail-220420h

 販売元のToplitz Productionsは4月20日(水)、『Sengoku Dynasty』の開発映像を公開した。

 本作は、日本の戦国時代を「庶民」となって生き抜くオープンワールドサバイバルゲーム。プレイヤーは娘を持ったひとりの農民として「平民の持ちたる国」を訪れ、戦乱の世を生き抜いていく。

 ゲームの中では、さまざまなNPCとの出会いやイベントを通して影響力を高めて村人たちをまとめ上げ、自分のコミュニティを築くことができる。優れた道具や建築を作る職人としての道、敵対的な勢力と戦う武士の道、さらに心に平穏を築く悟りの道などを極め、己が信じる生き方を貫こう。

Steam向けサバイバルゲーム『Sengoku Dynasty』最新映像が公開1
(画像はSteam『Sengoku Dynasty』販売ページより)

 森や雪山、湯けむりに包まれた温泉桜の花など、日本らしい美しいロケーションが多数用意されている。また、日本史の専門家の協力のもとで開発されたとのことであり、小石の描写から文化、政治にいたるまですべてが時代背景に即しているという。

Steam向けサバイバルゲーム『Sengoku Dynasty』最新映像が公開2
(画像はSteam『Sengoku Dynasty』販売ページより)

 今回公開された映像では、本作のディレクターを務めるJan Cieslar氏より、ゲームに取り入れた工夫やオンライン協力プレイの概要などが紹介されている。昨年12月の発表以後広く話題となった本作だが、特に日本からの注目度が高いことにも触れられた。

 『Sengoku Dynasty』は2022年中のリリースを予定している。Steamストアページの情報によれば、日本語の字幕とインターフェースにも対応するようだ。興味を持たれた方は、ウィッシュリストに登録しておこう。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月26日22時~2024年5月26日23時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ