『ダークソウル』や「クトゥルフ神話」に影響を受けたゲーム『Nazralath: The Fallen World』の最新映像が公開。不気味な儀式の描写がオカルト的な雰囲気を醸し出す

 Euclidean Studiosは4月25日(月)、ゲーム『Nazralath: The Fallen World』のアナウンストレーラーを公開した。

 本作はRPG要素をふくんだ、ダークファンタジーのアクションアドベンチャーゲーム。1999年に発売され、暗く謎めいた雰囲気と記憶を失った不死の主人公など特徴的な設定が高く評価されたRPG『プレーンスケープ トーメント』『ダークソウル』の影響を強く受けているという。

 また「クトゥルフ神話」の生みの親である小説家、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの作品や、その不気味な画風で世界的に評価され『The Medium -霊-』などのゲームにも影響を与えた画家、ズジスワフ・ベクシンスキー氏の作品にも触発されたと語られている。

Steam向けアクションゲーム『Nazralath: The Fallen World』最新映像が公開1
(画像は『Nazralath: The Fallen World』公式サイトより)

 今回公開された映像では、荒野にそびえ立つ巨大な建築物儀式的な装いの集団、また甲冑を着込んだ騎士のような人物が描かれている。ストーリーの紹介などはないものの、その不気味かつ荘厳な雰囲気を存分に漂わせていた。

 また、わずかではあるがゲームプレイの様子と思われる戦闘シーンも収録。ローリング回避武器でのブロック、またタックルで敵をひるませるなどのアクションが見て取れる。記事執筆時点ではゲームプレイの詳細は明らかにされていないが、分岐するストーリーや探索に焦点があてられているとのことだ。

Steam向けアクションゲーム『Nazralath: The Fallen World』最新映像が公開2
(画像は『Nazralath: The Fallen World』公式サイトより)

 『Nazralath: The Fallen World』はPC(Steam)向けの発売を予定している。Steamのストアページも近日中にオープンするとのことなので、公式Twitterアカウントなどからの発表を待ちたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ