『FF11』20周年を記念し特設サイトがリニューアル。『FF14』プロデューサーの吉田直樹氏と『FF11』プロデューサーの松井聡彦氏との対談が掲載中

 スクウェア・エニックスは5月16日(月)、『ファイナルファンタジー XI』(以下、FF11)の20周年を記念した特設サイト「WE ARE VANA’DIEL」をリニューアルした。

 『FF11』は2002年5月に日本で正式サービスを開始したMMORPG。シリーズ初のオンラインタイトルであり、国民的なRPGシリーズ『ファイナルファンタジー』のナンバリング作品が、当時としてはまだ珍しかったオンラインゲームとなったことで注目を集めた。サービス開始後も多くの拡張コンテンツを発売し、長きにわたって世界中のプレイヤーを魅了してきた。

 今回、リニューアルにあたっては「プロデューサーセッション・第10回」として、『FF11』のプロデューサーである松井聡彦氏と、『ファイナルファンタジーXIV』のプロデューサー兼ディレクターを務める吉田直樹氏の対談が掲載。すでに公開されているパート1では吉田直樹氏と『FF11』の関わりや、スクウェア・エニックスへの入社までの経緯などを語っているようだ。

 また、あわせてイラストレーターの皆川史生氏が送る新連続企画「VANARIUM」(ヴァナリウム)が始動。『FF11』の舞台である「ヴァナ・ディール」の場所やシーンをミニチュアテイストで描いていくという。

 このほか、プロデューサーの松井聡彦氏からのメッセージや開発秘話を交えて『FF11』の歴史を紹介する「みんなのヴァナ・ディール史」や、公式イラストレーションを公開していく「ギャラリー」、声優の加藤英美里さんがMCを務める「冒険者座談会」など、数々のコンテンツが用意されている。

 20周年という大きな節目を迎えた『FF11』だが、松井聡彦氏はメッセージの中で「皆さまがいつでもヴァナ・ディールを訪れられるよう、開発・運営一同、25年、30年と精進いたします」とまだまだ本作のサービスを続ける姿勢を示している。現役でプレイ中の方はもちろん、かつて本作を遊んでいたという方もこの機会に一度「ヴァナ・ディール」へと帰り、ゲーム内から20周年をお祝いされてみてはいかがだろうか。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ