『チェンソーマン』藤本タツキ氏が原作を手がける読み切り作品『フツーに聞いてくれ』が7月4日に少年ジャンプ+で配信決定。漫画は『にくをはぐ』の遠田おと氏が担当

 集英社は6月20日、藤本タツキ氏が手がける読み切りの漫画作品『さよなら絵梨』単行本のコミックスカバーを公開した。

 あわせて、『さよなら絵梨』の単行本が発売する7月4日、原作を藤本タツキ氏、 漫画を遠田おと氏が手がける短編の読み切り作品『フツーに聞いてくれ』少年ジャンプ+で配信すると発表した。

 『さよなら絵梨』単行本の定価は484円(税込)となる。

 『さよなら絵里』は4月11日(月)にウェブサイトおよびコミックアプリ『少年ジャンプ+』にて公開された全200ページの読み切りだ。

 本作は主人公「伊藤優太」が余命わずかな母親を撮影するシーンおよび制作されたドキュメンタリーで幕を開ける。その後、物語は彼の自殺を阻止し、また虜にした同級生の少女「絵里」との交流や映画製作を描いていく。

 本作は「映画制作」がモチーフとなっており、映画の画面や絵コンテを想起させる並置されたグリッド状のコマ割りが特徴だ。くわえて、「主人公が被写体を撮影しながら会話する」カットが多用されており、本作は編集および改変されたフィクションと現実を対比的に描写する。

 いわば「現実の出来事を題材にしたフィクション」として扱われる本作の劇中劇は、主人公が「登場人物の死」と対峙する行為として登場するため、本作は同じく「現実の出来事を題材にしたフィクション」である藤本タツキ氏の作品『ルックバック』を作者自身が今一度振り返る作品としても読むことができるだろう。

 今回発売する単行本には、狩猟と共にトランス男性の主人公とジェンダー規範にとらわれた父、友人の交流を描く読み切り作品『にくをはぐ』『ちはやふる 中学生編』で知られる遠田おと氏と藤本タツキ氏のタッグ作も収録される。

 本作はAmazonなどの各ECサイトや書店にて予約受付を開始しているため、興味がある読者は忘れずに注文しておこう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月7日23時~2023年2月8日00時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ