反乱軍を組織してアンデッド軍団に立ち向かうシミュレーションRPG『Tyrant’s Blessing』が8月9日に発売決定。「時間と資源を犠牲にしてでも子供を救出するか?」など倫理的な選択が迫られる

 Freedom Gamesは、ターン制のシミュレーションRPG『Tyrant’s Blessing』を8月8日(日本時間8月9日)に発売すると発表した。

 対象プラットフォームはNintendo Switch、PC(Steam、Epic Games Store)。Steamストアページの表記によると日本語に対応している。

 『Tyrant’s Blessing』は、ファンタジー世界でアンデッド軍団と戦う緻密なドット絵が特徴的なターン制のシミュレーションRPG。

 舞台はタイベリアと呼ばれる場所。ここにある日、暴君がアンデッド軍団を引き連れて上陸した。多くのタイベリア人はアンデッドの手にかかり、命を落とすか魔法によって不死の奴隷としてその支配下に加わった。そして数少ない生き残った戦士たちは反乱軍を組織し、アンデッド軍団に立ち向かおうとしていた。

アンデッド軍団に立ち向かうシミュレーションRPG『Tyrant's Blessing』が8月9日に発売決定_001
(画像はSteamより)
アンデッド軍団に立ち向かうシミュレーションRPG『Tyrant's Blessing』が8月9日に発売決定_002
(画像はSteamより)
アンデッド軍団に立ち向かうシミュレーションRPG『Tyrant's Blessing』が8月9日に発売決定_003
(画像はSteamより)
アンデッド軍団に立ち向かうシミュレーションRPG『Tyrant's Blessing』が8月9日に発売決定_004
(画像はSteamより)
アンデッド軍団に立ち向かうシミュレーションRPG『Tyrant's Blessing』が8月9日に発売決定_005
(画像はSteamより)

 本作はシミュレーションRPGとして、ユニットを育成したり宝箱から装備を見つけたりするよりも、「先見、対応、戦略」の力がより重要な要素になっているという。8×8マスのフィールドで戦略的に戦闘が展開するようだ。

 また戦闘に勝利し多くの者が生還できる編成が重要で、ときには「時間と資源を犠牲にしてでも子供を救出するか?」、「仲間を犠牲にしてでも敵を止めるか?」などの倫理的な選択が迫られるという。

 シミュレーションRPG『Tyrant’s Blessing』は8月9日に発売予定だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ