『戦場のフーガ2』発表、7月28日(木)に情報公開を予定。前作『戦場のフーガ』の体験版も各種プラットフォームで配信開始

 サイバーコネクトツーは、シミュレーションRPG『戦場のフーガ』の続編『戦場のフーガ2』を発表した。あわせてティザーサイトを公開している。

 発売時期は不明。対象プラットフォームは家庭用ゲーム機。7月28日(木)に情報公開を予定している。

 また前作『戦場のフーガ』の体験版をPS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、Nintendo Switch、PC(Steam)にて配信開始した。

 『戦場のフーガ』は、ケモノの子どもたちを「巨大戦車タラニス」の砲座に配置して、立ちふさがる敵兵器を撃破しながら進む、ドラマ要素の強いシミュレーションRPG。

 平和な農村は一夜にして戦火に焼け落ちた。子どもたちは捕虜にされた親たちを解放するために、巨大戦車タラニスに乗り込み進撃を開始する。子どもたちにはそれぞれ「感情」と「相性」があり、それらをうまくマネージメントしながら、状況に応じて編成を切り替えていく戦略性が特徴だ。

『戦場のフーガ2』発表、7月28日(木)に情報公開を予定_001
『戦場のフーガ2』発表、7月28日(木)に情報公開を予定_002
『戦場のフーガ2』発表、7月28日(木)に情報公開を予定_003

 今回はこの『戦場のフーガ』の続編『戦場のフーガ2』が発表された。どのようなゲームなのか詳細は明らかにされていないが、7月28日(木)に情報が公開される予定だという。

 また同日の7月28日には足立たかふみ氏によるコミック『戦場のフーガ 鋼鉄のメロディ』第2巻の電子版を配信開始する。価格は税込440円で、7月21日より予約受付を開始している。

 さらに同じ7月28日(木)20時からは、『戦場のフーガ』の発売1周年を記念した特別番組がYouTubeでライブ配信される。MCに田島和氏のほか、製作総指揮の松山洋氏、制作プロデューサーの村上哲哉氏が登壇予定だ。『戦場のフーガ』の開発秘話などが語られるという。

 また今回の発表にあわせて前作『戦場のフーガ』の体験版の配信が各種プラットフォームで開始されている。体験版はストーリーの第1章から第3章まで遊ぶことができる。体験版のセーブデータは製品版に引き継ぐことが可能だ。

 この機会に『戦場のフーガ』をプレイしてみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ