アライグマの私立探偵が主人公のゲーム『Backbone』前日譚にあたる『Tails: The Backbone Preludes』が2023年に発売決定。多彩な分岐と美しいビジュアルが特徴

 販売元のRaw Furyは9月3日(土)、ゲーム『Tails: The Backbone Preludes』を2023年に発売すると発表した。あわせて、本作のアナウンストレーラーが公開されている。

 本作は2021年6月に発売された『Backbone』の前日譚を描くアドベンチャーゲームだ。同作におけるアライグマの主人公「ハワード・ローター」をふくむ4人の主人公の物語を描き、『Backbone』と『Tails: The Backbone Preludes』はどちらからでも好きな順番でプレイして差し支えないという。

 ゲーム全体を通して何度もプレイできることを想定した設計となり、物語はプレイヤーの選択に沿って大きく枝分かれしていく。キャラクターの特性や会話の分岐、ランダム化されたイベントによって新たなルートが開かれ、シーンごとにさまざまなエンディングが用意されているようだ。

『Tails: The Backbone Preludes』が2023年に発売決定。『Backbone』の前日譚1
(画像はSteam『Tails: The Backbone Preludes』販売ページより)

 前作の特色でもあった、ピクセルアートに3D効果を組み合わせた美しいグラフィックは健在。雪に覆われた通りから砂丘、大学の寮の部屋に街の怪しげな地下室など、ディストピア風のバンクーバーを表現豊かに描き出す。

 そしてシステム面では新たなパズルやインタラクトできる豊富なオブジェクトを搭載。『Backbone』で好評を集めたビジュアルや雰囲気を受け継ぎつつ、グレードアップしたゲームプレイ体験を味わえる作品となることがうかがえる。

『Tails: The Backbone Preludes』が2023年に発売決定。『Backbone』の前日譚2
(画像はSteam『Tails: The Backbone Preludes』販売ページより)

 『Tails: The Backbone Preludes』は2023年の発売を予定しており、記事執筆時点ではPC(Steam)以外のプラットフォームについては明らかにされていない。興味を持たれた方はSteamのウィッシュリストに登録しつつ、開発元のEggnutやRaw Furyからの続報を待とう。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月1日00時~2023年2月1日01時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ