古代中国を舞台にした『アサクリ』モバイル向けの新作『アサシン クリード コードネーム ジェイド』発表。モバイルに最適化された操作でパルクールアクションを楽しめる

 ユービーアイソフトは9月11日(日)に開催した「UBISOFT Forward」にて『アサシン クリード コードネーム ジェイド』を発表した。

 本作は紀元前200年代の古代中国を舞台としたモバイル向けのアクションRPG。これまで展開してきたシリーズ作品の要素を踏襲しつつ、モバイルでのタッチ操作に最適化された操作系を搭載するという。また、キャラクターカスタマイズ要素も採用するとのことである。

 今回公開された映像では、世界遺産でもある「万里の長城」をはじめとする壮大な中国の風景が描かれている。おなじみのパルクールアクションを活用し、万里の長城を駆けまわることもできるようだ。

 記事執筆時点では『アサシンクリード コードネーム ジェイド』の配信日や価格といった詳細は明らかにされていない。今後の情報公開にも注目していきたいところだ。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ