『遊戯王』の『青眼の白龍』プラモデルが予約開始。片翼のみで約265mmにもなる翼や、メタリックブルーの素材で迫力のあるボディを実現

 バンダイは10月3日(月)、『遊☆戯☆王』シリーズに登場する人気モンスター「青眼の白龍」(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)のプラモデル『Figure-rise Standard Amplified 青眼の白龍』のWEB予約を同日より順次開始すると発表した。価格は5280円(税込)。発売日は2023年3月中を予定している。

 

 『Figure-rise Standard Amplified 青眼の白龍』は「青眼の白龍」を独自の新解釈デザインでアレンジした、「青眼の白龍」の立体化としては初のプラモデルとなる製品だ。

 本体の成形色にはメタリックブルーを採用し、片翼のみで約265mmにもなる翼の翼膜にはグラデーション印刷の施された軟質素材を使用。角度やポージングにより、さまざまな色調変化が楽しめるようになっている。

 また首と尾にはリード線を内蔵し、節に合わせたパーツの分割と合わせて、生命を感じさせるしなやかな動きを実現。頭部も顎と舌の可動により表情付けが可能となっており、ポージングと合わせてさまざまな形で飾ることができそうだ。

「遊戯王」『青眼の白龍』のプラモデルが予約開始_001
(画像はバンダイホビーサイト『Figure-rise Standard Amplified 青眼の白龍』より)
「遊戯王」『青眼の白龍』のプラモデルが予約開始_002
(画像はバンダイホビーサイト『Figure-rise Standard Amplified 青眼の白龍』より)
「遊戯王」『青眼の白龍』のプラモデルが予約開始_003
(画像はバンダイホビーサイト『Figure-rise Standard Amplified 青眼の白龍』より)
「遊戯王」『青眼の白龍』のプラモデルが予約開始_004
(画像はバンダイホビーサイト『Figure-rise Standard Amplified 青眼の白龍』より)
「遊戯王」『青眼の白龍』のプラモデルが予約開始_005
(画像はバンダイホビーサイト『Figure-rise Standard Amplified 青眼の白龍』より)

 また本製品にはディスプレイベースも付属。ベースに接続する際には専用のジョイントパーツを使用し、腹部または背部からホールドすることができる。これにより、滑空状態の迫力あるポージングも実現できるようになっている。

「遊戯王」『青眼の白龍』のプラモデルが予約開始_006
(画像はバンダイホビーサイト『Figure-rise Standard Amplified 青眼の白龍』より)
「遊戯王」『青眼の白龍』のプラモデルが予約開始_007
(画像はバンダイホビーサイト『Figure-rise Standard Amplified 青眼の白龍』より)

 『Figure-rise Standard Amplified 青眼の白龍』は、10月3日(月)よりWEB予約の受付を順次開始。価格は5280円(税込)。発売日は2023年3月中を予定している。

ライター
85年生まれ。『勇者のくせになまいきだ。』シリーズの代表的プレイヤーとして名を馳せたツルハシの化身。 10代の頃、メックシューターゲーム『ファントムクラッシュ』とその続編『S.L.A.I.』の世界にハマり、 ディスプレイ越しに見た2071年に帰るべく日々を生きる。TCGとボードゲームも好物。
Twitter:@Dump29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ