一撃必殺のジリジリとした決闘を描く剣戟2D格闘ゲーム『Sclash』の無料体験版が配信中。SteamおよびGOGで配信。スタミナシステム、けん制技と多彩なガード手段でコントローラーが汗ばむ対戦に

 パブリッシャーのJust For Gamesは10月4日、Bevel bakeryが手掛ける2D格闘ゲーム『Sclash』のパブリッシングを担当すると発表した。

 また、発表にあわせてSteamおよびGOG.comにて本作の体験版を配信開始した。

 本作の発売時期は2023年に予定しており、対応プラットフォームはPC(Steam、GOG.com)、Nintendo Switch、PS4、PS5、Xbox Series X|Sとなる。

『Sclash』の無料体験版が配信中。一撃必殺格ゲー_001
(画像はSteam:Sclashより)

 『Sclash』は一撃必殺の2Dサムライ格闘ゲームだ。一撃必殺のためライフゲージは存在せず、コンボも存在しない。プレイヤーは用意されたスタミナシステムと限られたアクションを駆使し、5本先取制の試合に挑むこととなる。

 ビジュアルは水墨画を模したタッチのデジタルイラストを採用しており、「Jinmu」、「Amaterasu」、「Susanoo」、「izanagi」、「masked ronin」と和風な名を冠した5名のプレイアブルキャラクターが用意される。技が発動すると「スラッシュ」「カマエ」と大きく表示され、「 Vaporwave」を思わせる不思議な和風テイストも特徴のひとつだ。

 体験版にはローカル対戦とソロプレイが可能な通常モードをプレイできる。「Jinmu」、「Amaterasu」、「Susanoo」の3名のプレイアブルキャラクターを使用可能だ。

『Sclash』の無料体験版が配信中。一撃必殺格ゲー_002
(画像はSteam:Sclashより)
『Sclash』の無料体験版が配信中。一撃必殺格ゲー_003

 ゲームプレイは無論、相手に一撃を与えることが目的となるが、本作には自動回復する4本のスタミナゲージが用意されており、ガード、ステップ、攻撃など全てのアクションにおいて一本消費する仕組みとなっている。

 各キャラクターが行える動作はガードと前後のステップ、相手をひるませるスピーディーなけん制技、モーションの異なる2種の攻撃が用意されている。

 2種類の攻撃は予備動作も異なり、前に踏み込んで攻撃するか、後ろに後退してから攻撃するか、といった差異が設けられている。また、2種の攻撃技はチャージ可能であり、最大限貯めることで無敵の予備動作と広い攻撃範囲の技となるため、試合中の読み合いは複雑なものとなる。

 本作は一撃必殺でありながら単調ではなく、反撃や相殺、ガード技などの入力猶予が比較的長いことで頭を使う戦闘が展開する。ジリジリとせめぎ合い、しかし一瞬のスキで決定する勝負をお手軽に楽しめるだろう。

 攻撃が同時に入力された際に、チャージ段階が劣っている方がノックバックする「ブレイク」や、緊張感のあるガードを成功させると敵にノックバックを与えられる仕様が功を奏している印象だ。

 ゲーム本編には任意の条件でローカル対戦およびソロプレイを楽しめるモードのほか、ストーリーモード、オンライン対戦モードが用意され、本作の戦闘を楽しむことも、作品世界を楽しむことも可能だ。

 興味がある読者はぜひ体験版をプレイしてみよう

『Sclash』の無料体験版が配信中。一撃必殺格ゲー_010
ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ