8bit風ピクセルアートでカルト信者や悪魔との戦いを描くホラーゲーム『FAITH: The Unholy Trinity』が発売開始。80年代における「悪魔崇拝への恐怖」がモチーフ

 New Blood Interactiveは10月22日、『FAITH: The Unholy Trinity』を発売した。

 対応プラットフォームはPC(Steamitch.io)で、価格はSteam版が1520円(税込)、itch.ioが14.99ドルとなる。近日中にGOG.comでも配信予定だ。

 Steamでは、10月29日までの期間限定で10%オフの1368円で販売される。

 『FAITH: The Unholy Trinity』は8bitのビデオゲームと1980年代における「悪魔崇拝への恐怖」がモチーフのホラーアドベンチャーゲームだ。プレイヤーは若き神父となり、聖なる十字架で悪魔やカルト信者、そして衰弱していく自分自身と戦うこととなる。

 本作は3部構成となっており、主人公が1年前に「悪魔祓い」に失敗した家を訪れ、呪いを浄化していく。

 ゲームは俯瞰視点でフィールド上を移動し、迫りくる悪魔を退けながらマップを探索する。トレーラーを参照すると、武器は十字架を用意。物語はマルチエンディングで、隠しエンディングも用意されている。

 また、アートワークは8bit風のピクセルアートを採用していながら、随所に挿入されるアニメーションはロトスコープで制作。オリジナルの8bitのジリジリとした質感とヌメヌメのアニメーションが共存したビジュアルが楽しめる。

 第2章の物語は「言語化できない超常現象に遭遇し、苛まれる新たな悪夢」、第3章は「カルトが目論む強力な悪魔召喚の阻止」が描かれるそうだ。Steamストアページではデモ版も配信されており、購入前の参考にされたい。

 興味がある読者は、ぜひ本作をプレイしてみよう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月7日23時~2023年2月8日00時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ