『信長の野望』や『三國志』など30作品以上の“海賊版”ゲームを無断で複製・販売していた男を宮城県警が逮捕。コーエーテクモゲームスは告訴状の提出を明らかに

 宮城県警は11月22日(火)、同社が制作・販売するゲームソフト『信長の野望』『三國志』のほか34タイトルのゲームを無断で複製し、不正に販売していた静岡市の男性(45歳)を著作権法違反(海賊版頒布)の疑いで逮捕した。本件に関して、コーエーテクモゲームスは告訴状の提出を明らかにしている。

『信長の野望』や『三國志』など30作品以上の“海賊版”ゲームを無断で複製・販売していた男を宮城県警が逮捕。コーエーテクモゲームスは告訴状の提出を明らかに_001
(画像はシブサワ・コウ40周年記念サイト – GAMECITYより)

 発表によると、男性は『信長の野望』や『三國志』のほか34作品に加えて、他社が著作権を有する複数のゲームソフトを無断でマイクロSDカードに複製。オークションサイトの出品画面に複数のゲーム機名を掲載したうえで「大量のレトロゲームが遊べる」などと説明し、模倣ゲーム機とセットにして販売していたという。

 本発表に際して、コーエーテクモゲームスは「今後も著作権の侵害行為に対して厳格に対応すると同時に、多くのユーザーの皆様にご満足いただけるゲームを開発及び提供できるように努力してまいります。」とコメントしている。

『信長の野望』や『三國志』など30作品以上の“海賊版”ゲームを無断で複製・販売していた男を宮城県警が逮捕。コーエーテクモゲームスは告訴状の提出を明らかに_002
(画像はシブサワ・コウ40周年記念サイト – GAMECITYより)

プレスリリースの全文は以下のとおり。


著作権侵害のお知らせ

株式会社コーエーテクモゲームス(代表取締役社長:鯉沼久史、以下「当社」)が制作・販売するゲームソフト『信長の野望』『三國志』他34タイトルを無断で複製した記録媒体を販売していた静岡市の男性(45歳)を、宮城県警は著作権法違反(海賊版頒布)の疑いで逮捕しました。

男性は当社の『信長の野望』『三國志』他34タイトルに加えて、他社が著作権を有する複数のゲームソフトを無断でマイクロSDカードに複製し、オークションサイトの出品画面に複数のゲーム機名を掲載したうえで、「大量のレトロゲームが遊べる」などと説明し、模倣ゲーム機とセットにして販売しておりました。

当社としましては、このように複数のゲームソフトを無断複製のうえ、販売する行為は非常に悪質な行為であると判断したため、宮城県警に告訴状を提出し、この度被疑者の逮捕に至りました。

当社グループは、今後も著作権の侵害行為に対して厳格に対応すると同時に、多くのユーザーの皆様にご満足いただけるゲームを開発及び提供できるように努力してまいります。

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ