いま読まれている記事

Steam、Windows 7/8/8.1のサポートを2024年1月1日に終了へ。Steamクライアントが各OSで動作しなくなり、ゲームプレイにはWindowsアップデートが必要となる

article-thumbnail-230330f

 ValveはSteamのサポートページにて、Windows 7Windows 8Windows 8.1の3種のOSのサポートを2024年1月1日(月)をもって正式に終了することを明らかにした。同日以降、SteamクライアントはこれらのバージョンのOSで動作しなくなり、ゲームプレイなどにはWindowsアップデートが必要となる。

 公式アナウンスではサポート終了の理由について、Steamの核となる機能はGoogle Chromeのversionに依存しているため、古いWindows OSでは機能しなくなったためとされている。また、Steamの将来のバージョンではWindows 10以降にのみ存在する機能や、セキュリティ面での更新が必要となるそうだ。

Steam、Windows 7/8/8.1のサポートを2024年1月1日に終了へ1
(画像はSteam公式サポートページより)

 くわえてValveからは、サポートは2024年まで終了しないものの、Windows 7/8/8.1のユーザーに向けてOSを更新することが推奨されている。Windows 7は2020年1月に、Windows 8.1は2023年1月にそれぞれマイクロソフトによるサポートが終了済みだ。

 Valveのアナウンスによると、旧バージョンのOSを使用しているコンピュータは新しいマルウェア【※】などの影響を受けやすくなるとのこと。ゲームのパフォーマンスが低下したり、クラッシュを引き起こすだけでなく、Steamアカウントをはじめとする各種サービスの資格情報を盗まれる危険性もあるという。

※ 「malicious software(悪意あるソフトウェア)」を縮めた略語。コンピュータに害をなす不正な動作を行うソフトウェアの総称

 なお、2023年2月に公開されたSteamの「ハードウェア&ソフトウェア調査」によれば、Windows 8.1(64bit)は0.34%、Windows 7(64bit)は1.43%、Windows 7は0.09%のユーザーが調査時点で運用していることが明らかにされている。調査の結果だけを見れば、1.86%のユーザーが2024年1月にサポートを終了するOSを運用している形だ。

Steam、Windows 7/8/8.1のサポートを2024年1月1日に終了へ2
(画像はSteam「ハードウェア&ソフトウェア 調査: February 2023」より)

 SteamではWindows 7、Windows 8、Windows 8.1のサポートを2024年1月1日(月)を持って正式に終了する。本件に関する詳細については、Steam公式のサポートページも参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月18日08時~2024年5月18日09時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ