いま読まれている記事

『FGO』塩川洋介氏がプロデューサーを務める新作『マーダーミステリーパラドクス このひと夏の十五年』2023年に発売決定。『ランドルフ・ローレンスの追憶』の佐藤倫氏がシナリオを担当

article-thumbnail-2304282z

 アニプレックスは4月28日(金)、PC(Steam)向けアドベンチャーゲーム『マーダーミステリーパラドクス このひと夏の十五年』を2023年に発売すると発表した。

 本作は企画・開発をファーレンハイト213(以下、213°F)株式会社が担当。プロデューサーを『Fate/Grand Order』や『キングダムハーツ』、『ディシディア ファイナルファンタジー』などに携わったクリエイター・塩川洋介氏が務める。以前に「新作インディーゲーム」として予告されていた作品の詳細が明らかにされた形である。

 『マーダーミステリーパラドクス このひと夏の十五年』は、タイトルにも添えられているように「マーダーミステリー」をモチーフとした独自の推理システムを特徴とするミステリーアドベンチャーゲームだ。プレイヤーは人口数百人の離島「式音島」を舞台に、繰り返し発生する怪事件の謎を解き明かしていく。

 このたび公開されたキービジュアルは、主人公となる15歳の少年「天沢樹」が描かれたもの。2004年8月、初めて式音島を訪れた彼は、義母の実家で血のつながらない従兄弟たちと穏やかな時を過ごす。しかしこの島では“式音島の神隠し”と呼ばれる怪事件が繰り返し発生しており、彼の身近な人々も事件の謎に深くかかわっていた……というあらすじだ。

『マーダーミステリーパラドクス このひと夏の十五年』2023年に発売決定1

 プレイヤーは閉鎖的状況の中で起きた事件の犯人探しに参加し、容疑者たちとの会話を通じて事件の手がかりを集め、真相を暴いていく。しかし、同時にプレイヤー自身も容疑者のひとりとして周囲から疑われる立場にあるため、彼らの信用を得る必要があるそうだ。十分な信用を集められないと、プレイヤー自身が犯人にされてしまう場合もあるという。

 本作のシナリオ面は、名作マーダーミステリー『ランドルフ・ローレンスの追憶』の作者・佐藤倫(じゃんきち)氏が担当。同作は「CEDEC AWARDS 2021」ゲームデザイン部門で優秀賞を獲得、「グローバルマーダーミステリー大賞 2020」ではユーザー投票によって大賞に選ばれるなど、広く高い評価を獲得してきている。

『マーダーミステリーパラドクス このひと夏の十五年』2023年に発売決定2

 『マーダーミステリーパラドクス このひと夏の十五年』はPC(Steam)向けに2023年の発売を予定している。本作に関する詳細については、以下のリリースも参照されたい。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


213°F × Aniplex が贈る PC 向けマーダーミステリーADV ゲーム『マーダーミステリーパラドクスこのひと夏の十五年』 2023 年発売決定

僕は、僕らを救いたかったんだ。

『マーダーミステリーパラドクス このひと夏の十五年』2023年に発売決定1

株式会社アニプレックス(本社:東京都千代田区代表取締役岩上敦宏以下 Aniplex)は、企画・開発をファーレンハイト 213(以下、213°F)株式会社が、プロデューサーを『Fate/Grand Order』『キングダムハーツ』『ディシディアファイナルファンタジー』などの制作に携わったクリエイター、塩川洋介が務める、PC(Steam)向けマーダーミステリーADV ゲーム『マーダーミステリーパラドクスこのひと夏の十五年』を 2023 年に発売することを発表しました。

本日、主人公・天沢樹が描かれたキービジュアルとゲームに関する情報を公開しました。また、Steam ストアページを公開、ウィッシュリストへの登録も可能となっています。

213°F × Aniplex による新たな挑戦にご注目ください。

『マーダーミステリーパラドクス このひと夏の十五年』2023年に発売決定3

■『マーダーミステリーパラドクスこのひと夏の十五年』とは

本作は、アナログゲームの新ジャンル「マーダーミステリー」をモチーフにした独自の推理システムを特徴とする、完全新作ミステリーアドベンチャーです。

プレイヤーは人口数百人の離島“式音島”を舞台に、繰り返し発生する怪事件の謎を解き明かしていきます。

『Fate/Grand Order』『キングダムハーツ』『ディシディアファイナルファンタジー』の制作に携わった、塩川洋介がプロデューサーを務め、企画・開発を 213℉が、販売を Aniplex が担当し、2023 年に Steam®でのリリースを目指して開発しています。

■離島を舞台に連続怪事件の謎を解き明かす、マーダーミステリーADV!

2004 年 8 月。

人口数百人の離島、式音島。

15 歳の少年「天沢樹」はこの夏初めて式音島を訪れた。

養母の実家で血の繋がらない従兄弟たちと出会い、穏やかな時を過ごす。

この時、樹はまだ知らなかった。

“式音島の神隠し”と呼ばれる怪事件が、この島で繰り返し起きていることを。

そして、自分の大切な人たちが、事件の謎に深く関わっていることを。

はたして樹は怪事件の真相を解き明かし、大切な人たちを救うことができるのだろうか……。

■マーダーミステリーをモチーフにした、独自の推理システムを採用!

本作は、「人狼」「脱出ゲーム」に続くアナログゲームの新ジャンル「マーダーミステリー」をモチーフにした、独自の推理システムを採用しています。

プレイヤーは、閉鎖的状況の中で起きた事件の犯人捜しに参加します。ただし、プレイヤー自身も容疑者の一人として、他の人物たちから疑われる立場にあります。

限られた時間の中で、プレイヤーは容疑者たちとの会話を通じて事件の手がかりを集め、そこから推理し、真相を暴いていきます。それと同時に、プレイヤー自身の疑いを晴らすため、周りからの信用を集めていく必要があります。十分な信用が得られないまま終わりを迎えると、プレイヤー自身が犯人にされてしまうことも……。

■名作マーダーミステリー『ランドルフ・ローレンスの追憶』の作者が、シナリオを担当!

本作のシナリオは、マーダーミステリー『ランドルフ・ローレンスの追憶』を手掛けたクリエイター佐藤倫(じゃんきち)が担当します。『ランドルフ・ローレンスの追憶』は「CEDEC AWARDS 2021」ゲームデザイン部門で優秀賞を獲得し、「グローバルマーダーミステリー大賞 2020」ではユーザー投票によって大賞に選ばれるなど、ゲーム業界およびゲームユーザーの間で高い評価を得ている推理ゲームです。

【タイトル概要】

タイトル マーダーミステリーパラドクスこのひと夏の十五年

ジャンル マーダーミステリーADV

発売時期 2023 年発売予定

プラットフォーム PC(Steam)

公式 HP https://mmparadox.com

公式 Twitter https://twitter.com/mm_paradox@mm_paradox

Steam ストア https://store.steampowered.com/app/2203040

権利表記 🄫Aniplex

【スタッフ】

企画・開発 213°F

プロデューサー 塩川洋介

ディレクター 中尾彩子

シナリオ 佐藤倫(じゃんきち)

キャラクターデザイン 森山祐樹

音楽 渡部チェル

販売 Aniplex

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月16日16時~2024年6月16日17時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧