いま読まれている記事

『ウルトラマン』シリーズのTCG『ウルトラマン カードゲーム』2024年夏に世界同時販売が決定。個性あふれる実写とハイクオリティな描き下ろしが併用されたカードデザインが特徴

article-thumbnail-231018l

 円谷プロダクションは、ウルトラマンシリーズのトレーディングカードゲーム『ウルトラマン カードゲーム』を2024年夏より世界同時販売することを発表した。サービス地域は日本・北米・中国本土・香港・台湾・東南アジアからスタートし、順次拡大していく。

 『ウルトラマン カードゲーム』は、ウルトラマンシリーズの世界観に、子どもから大人まで楽しめるゲーム性とコレクション性を組み合わせたトレーディングカードゲーム。ウルトラマンの登場シーン・パワーアップ・必殺技・TYP(タイプ)システムといったゲームの魅力的要素を、ハイクオリティな描き下ろしイラストと個性あふれるキャラクター写真を併用したカードデザインで表現されている。

 作品、ライブイベント、商品など、円谷プロならではの連動展開も予定されており、本作を通じて壮大なウルトラマンシリーズの世界観や物語を楽しむことができるとのこと。

 本作は2023年11月24日から26日までシンガポールにて開催される「Anime Festival Asia」に出展し、「ウルトラマン カードゲーム」を参加者にお披露目する。出展ブースでは、「ウルトラマン カードゲーム」を世界最速で体験できるとのことだ。

プレスリリースは以下のとおり。


円谷プロ ウルトラマン トレーディングカードの新事業を立ちあげ
「ウルトラマン カードゲーム」2024年夏 世界同時販売決定

『ウルトラマン カードゲーム』発表。2024年夏から販売開始_003

株式会社 円谷プロダクション(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:永竹 正幸)は、ウルトラマンシリーズのトレーディングカードゲーム「ウルトラマン カードゲーム」のサービスを2024年夏より日本・北米・中国本土・香港・台湾・東南アジアからスタートし、順次サービス拡大していくことを発表します。

世界のトレーディングカードゲーム市場規模は、2022年に 約1兆円(約64億ドル)と評価されており、2023年から2030年までの年平均成長率は約8%、2030年末までに約1.7兆円規模(約116億ドル)の市場に成長することが予想されています※。また、中国ではウルトラマンシリーズをテーマとするコレクションカードゲームがブランドシェアNo.1となり、大人から子供までを巻き込む大人気となっています。円谷プロは、この将来有望なトレカ市場で事業を本格的に展開することで、当社IPサービスのさらなる成長を目指します。

※市場規模参考データ
https://www.zionmarketresearch.com/report/trading-card-game-market
(1ドル150円換算)

■「ウルトラマン カードゲーム」について

「ウルトラマン カードゲーム」は、ウルトラマンシリーズの世界観に、子どもから大人まで楽しめるゲーム性とコレクション性を組み合わせたトレーディングカードゲームです。ウルトラマンの登場シーン・パワーアップ・必殺技・TYP(タイプ)システムといったゲームの魅力的要素を、ハイクオリティな描き下ろしイラストと個性あふれるキャラクター写真を併用したカードデザインで表現しています。

円谷プロだからこそできる作品、ライブイベント、商品との連動展開も予定しており、「ウルトラマン カードゲーム」を通じて壮大なウルトラマンシリーズの世界観や物語をお楽しみいただくことができます。

※画像は開発中のものです。実際の商品と仕様が異なる場合があります。

○「ウルトラマン カードゲーム」概要
正式名称:ウルトラマン カードゲーム
サービス開始日:2024年夏
サービス展開予定エリア:日本・北米・中国本土・香港・台湾・東南アジア
公式サイト:https://ultraman-cardgame.com 

■「ウルトラマン カードゲーム」を世界最速でお披露目、「Anime Festival Asia」に出展

2023年11月24日(金)~11月26日(日)にシンガポール サンテックシティにて開催される「Anime Festival Asia」に出展し、「ウルトラマン カードゲーム」を参加者にお披露目します。出展ブースでは、「ウルトラマン カードゲーム」を世界最速で体験していただくことができます。

また、11月24日(金)15~17時(現地時間)に同会場にてBtoB向け戦略発表会を行い、今後のトレーディングカード事業のグローバル展開についてご説明します。

「Anime Festival Asia」公式サイト
https://animefestival.asia/afa23/

ライター
物心ついたころからFFとドラクエと共に育ち、The Elder Scrolls IV: オブリビオンで洋ゲーの沼にハマる。 ゲームのやりすぎでセミより長い地下生活を送っていたが、最近社会にリスポーンした。 ローグライクTCG「Slay the Spire」の有志翻訳者。
Twitter:@Gre_zzz

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年4月24日17時~2024年4月24日18時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ