いま読まれている記事

システムと世界設定、キャラクター表現のすべてがビンビンに面白そうな「ループもの」RPG『In Stars And Time』発売。「敵のデザイン」で弱点を読み取るシステムや戦略性の高い「ジャンケン」要素で王道なジャンルを新鮮に

article-thumbnail-231121m

Armor Games Studiosは11月21日、トロントを拠点とするデベロッパーのinsertdisc5が手掛ける「タイムループもの」のRPG『In Stars And Time』を発売開始した。

対象プラットフォームはPC(Steam)、Nintendo Switch、PS4/PS5となっており、Steamストアでは体験版も配信中。価格はPSストア版が2310円、その他プラットフォームでは2300円で販売されている。

『In Stars And Time』はラストダンジョンを繰り返し、ループを断ち切ることを目指すターン性のRPGだ。

本作はいわゆる“冒険”の終盤から幕を開けるが、冒険の目的が達成される目前で悲劇が起こり、時計の針が巻き戻ってしまう。そこでプレイヤーは唯一ループに気付いている主人公「シフラン」の視点から永遠に繰り替えすループからの脱出を目指していく。

なぜループが発生したのか、どのように脱出すのかといった「ループもの」らしい見どころとは勿論のこと、ループを繰り返す中で得られる知見は次のループに襲い来る試練を解決する手立てとなる。また、ループするたびに「シフラン」だけが覚えている仲間との思い出は「記憶の鎧」として見方を強化するアイテムとなる仕様だ。

また、本作の戦闘システムはジャンケンを軸に改良した独自のターン性バトルとなっており、本作ならではの魅力のひとつとなっている。

まず、本作では「属性による相性」として各キャラクターには「グー」「チョキ」「パー」のタイプが割り振られ、タイプに応じて「弱点」と「攻撃の属性」を有している。

同時に、各キャラクターはデフォルトで「指定したキャラクターに自分のターンを譲る」スキルや、上昇させることで敵より高い頻度で行動できる“すばやさ”などを上げるバフスキルを所持している。

そのため、「相性の良い技を持つキャラクターに沢山攻撃させる」ことや「全員の素早さを上げて、攻撃回数で押し切る」といったアプローチを可能にしている。

『In Stars And Time』発売。ユニークで可愛いタイムループRPG_003
オディールは素早さが遅いが、全属性のスキルを仕様できる
『In Stars And Time』発売。ユニークで可愛いタイムループRPG_004
「お前のターンだ!」味方にターンを譲り、同時に強化できる強力なスキル

くわえて、対戦するキャラクターの属性は「キャラクターデザインから読み取る」ことか、素早さの最も遅いオディールのクラフト・アナライズを使用することで読み取れる形式となっている。

これらの要素により「オーソドックスなターン性バトル」のシンプルさを維持しつつ、ユニークな戦闘の楽しさを獲得していると言えよう。

『In Stars And Time』発売。ユニークで可愛いタイムループRPG_005

プレイヤーが操作するパーティーメンバーはダジャレ好きでノンバイナリーの主人公・シフランのほか、世話焼きでちょっと神経質な侍祭のミラベル、心優しく思いやりの精神を持つアニキのような防衛隊の兵士・イザボー、「シニカルなお姉さま」キャラの研究者・オディール、そして未だ幼いため遊撃的に戦闘に参加するノンバイナリーのボニーで構成されている。

作中ではパーティーメンバーたちの活発な会話やコメントなどの描写が豊富に用意されている。キュートでユニークな本作において、普遍的な存在としてノンバイナリーなキャラクターが描かれることも大きな魅力となっているだろう。

『In Stars And Time』発売。ユニークで可愛いタイムループRPG_006

ある種定番ネタである「ループもの」と「ターン性RPG」というお題を駆使し、さまざまなギミック、設定、アートワークなどによりユニークな作品に仕上げた『In Stars And Time』。興味がある読者は、ぜひ本作をプレイしてみよう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年7月22日23時~2024年7月23日00時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ