いま読まれている記事

『Papers, Please』を手がけたLucas Pope氏の最新作『MARS AFTER MIDNIGHT』3月12日に発売。深夜に火星の住民に軽食を提供するシミュレーションゲーム。クランク付きの携帯機「Playdate」専用作品

article-thumbnail-240229j

2月29日、『Papers, Please』『Return of the Obra Dinn』を手がけたLucas Pope氏の最新作『MARS AFTER MIDNIGHT』が3月12日に発売されることが携帯ゲーム機「Playdate」の公式Xアカウントより告知された。

開発者であるLucas氏の開発者ブログによると、本作は「子ども向け」をイメージして「変な顔」の火星人を登場させたとのこと。

本作の公式紹介ページによると、『MARS AFTER MIDNIGHT』は火星の宇宙コロニー外の居住地を舞台に、夜間の軽食を管理するオフィススタッフとして働くシミュレーションゲームだ。

プレイヤーは「オフコロニー・コミュニティ・サポートセンター」にて深夜に勤務を開始し、約60体のお腹をすかせた火星人に「砂丘の虫入りパイ」などの火星人の好みにあわせた軽食を提供する。それ以外にも、参加者のふるい分けや、火星人たちの食事後に汚れてしまったお部屋の片づけ、今後のセッションの構築などを担当する。

本作がプレイできる携帯機「Playdate」は公式サイトにて「趣味全開で開発された」と公言されており、手回しクランクが装着されている一風変わったゲーム機だ。

一見、手に収まるサイズのレトロゲーム専用機のようにも見えるが、A、Bボタンに十字キーといった基本的な操作を可能にするシンプルな機能や、Wi-Fi、Bluetooth、USBタイプCの充電差込口が搭載されている。そして、最大の特徴は先述した手回しクランクだ。

公式サイトのシーズン1では、このクランクを駆使してプレイできるゲームが24タイトル発表されている。さらには、毎週2本の新作ゲームが配信されるサービスが1年間続くという。

『MARS AFTER MIDNIGHT』が3月12日に発売される予定。「Playdate」の公式Xアカウントでは、ゲーム機本体を持っていないユーザーが新たに発注すると、1~2日で発送されるとのこと。本作が気になった方は、ぜひ公式の紹介ページをチェックしてみてほしい

ライター
MOTHER2でひらがなを覚えてゲームと共に育つ。 国内外問わず、キャラメイクしたりシナリオが分岐するTRPGのようなゲームが好き。 Divinity: Original Sin 2の有志翻訳に参加。 ゴーストオブツシマの舞台となった対馬のガイドもしている。 Xアカウント(旧Twitter)@Tsushimahiro23

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年4月17日06時~2024年4月17日07時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ