いま読まれている記事

日本橋でメイド喫茶を経営するゲーム『電気街の喫茶店』が2024年夏ごろに発売決定。ゲームオタクやゴスロリ少女など個性豊かなメイドと共に潰れかけのメイド喫茶を盛り上げる作品

article-thumbnail-240525m

インディーゲームを紹介するライブ配信イベント「インディーライブエキスポ 2024.5.25」にて、大阪のオタク町日本橋を舞台にしたメイド喫茶経営ゲーム『電気街の喫茶店』が2024年夏ごろに配信される予定であることが発表された。

プレイヤーはブラック企業を退職し行き場を失った男性となり、潰れかけのメイド喫茶にたどり着く。そこで主人公はメイドのシロに出会い、メイド喫茶の経営を任されることになり、店長代理として働くことになる。

店長代理として行う仕事は、主にメイドの勧誘と人事だ。まずはメイドさんになってくれるかわいい女の子を見つけるため、さまざまなオタクショップが立ち並ぶ日本橋の町へ繰り出す。それぞれ雇い入れたメイドは、接客やキッチン担当など適性にあわせて配置する必要がある。

また、メイド喫茶の営業中はお客に提供するコーヒーを用意したり、メイドの接客そのものを手伝う場面もあるため、非常に忙しい。

なお、本作に登場するメイドたちは、最初に出会うメイドのシロのほか、食いしん坊でゲームオタクギャルのミユ、ミステリアスなゴスロリ少女ファフナ、実家の神社で働く関西弁の巫女少女ほのかなど、個性豊かなキャラクターが揃う。プレイヤーはこれらのメイドたちとともに、メイド喫茶を盛り上げられる。

『電気街の喫茶店』は2024年夏ごろにPC(Steam)に向けて配信される予定だ。本作が気になった方は、ぜひストアページやPLAYISMの公式サイトをチェックしてみてほしい。

ライター
MOTHER2でひらがなを覚えてゲームと共に育つ。 国内外問わず、キャラメイクしたりシナリオが分岐するTRPGのようなゲームが好き。 Divinity: Original Sin 2の有志翻訳に参加。 ゴーストオブツシマの舞台となった対馬のガイドもしている。 Xアカウント(旧Twitter)@Tsushimahiro23

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月18日01時~2024年6月18日02時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧