キモいを超えればモテへと昇華? VRエバンジェリストGOROman氏が提唱するキモズム理論とは

1

2

3

4

キモいを超えればモテへと昇華。GOROmanさんが提唱するキモズム理論

ドリキン:
 ボクは環境がなかったので、それより遅れてのデビューでしたけど、やっぱり我々がパソコン通信とかやってた時代は、世間からは知られてない。

GOROman:
 そう。だから中学校のときは女子に言えなかったですね。パソコンやってるとか通信やってるとか。これがまた笑えるのが、その頃は「メール」とか言ったらモテないじゃないですか。根暗でオタクとか、すごい迫害されてたんですけど、気がついたらメールができないとモテなくなってるんですよね。

ドリキン:
 メールが普及した頃には、「チャットしてる」とか言うとまた迫害されて。だけど、「今お前らがやってるLINEなんかそのままだぞ」みたいな。

GOROman:
 Skypeとか立ち上げの頃からやってますし。その頃「Skypeでやればタダだよ」とか言っても嫌がられましたよね。

ドリキン:
 このジレンマ、我々は常々ありますよね。

GOROman:
 ボクはこれを「キモズム」と呼んでいて、キモズム理論を提唱しているんです。新しい技術は全部キモい

ドリキン:
 キャズムではなく(笑)。

GOROman:
 キモズム。そして、キモい新しいデバイスに何かイノベーションが起きて、キモズムを超えた瞬間にモテ化するんです。カメラだって江戸時代には「魂を吸い取られる」とか言われてたじゃないですか。でも、便利になるとキモズムを越えてモテるようになる。そうなると「パソコン教えて」とか言われるんですよ。納得いかないですよね。

ドリキン:
 そのモテる時期になると、次のキモズムに興味を持ってるから……。

GOROman:
 もうモテる頃には飽きてるんですよ。

ドリキン:
 一生モテない、と。

GOROman:
 イノベーター理論で言うと、このレイトマジョリティまで浸透した頃には飽きてるので。

ドリキン:
 わかるわー(笑)。

GOROman:
 永遠にモテないキモ担当。キモ特攻隊長みたいなのを延々やってる。

ドリキン:
 どんどん新しいキモズムを探っていってしまう。

GOROman:
 そうなんですよ。キモズムを越えられたと思っても、次のキモズムに行ってしまう。先頭にいないと不安で。普通はフォローしていくわけですから逆ですよね。

ドリキン:
 確かに。今もHMDにワーワー言ってる我々は。

GOROman:
 キモズムですよね。

ドリキン:
 今回は、PSVRなんかが出てきたおかげで、比較的……。

GOROman:
 ソニーさんも、キモズムを超えるためのプロモーションをしていると思うんですよ。PlayStation VRなら家族みんなでやれるよとか、CMでも女の子が「わー気持ちいいー」って『イーグルフライト』やってるみたいな。ぶっちゃけあんな子いないと思うんですね。家族でやったりとか、全体の0.02%ですね。ほとんどが『サマーレッスン』をやるために買ったみたいな感じでしょう。

『サマーレッスン』
(画像は『サマーレッスン』公式サイトより)

mazzo:
 みんなそうでしょうね。

GOROman:
 99.8%の純度で『サマーレッスン』、『初音ミク』、『デレステ』をやりたかったと。

ドリキン:
 ただ、ああいうのがあったおかげで我々への迫害力が若干ゆるく……。

GOROman:
 それは、やっぱりソニーさん並の大手の方が入ってきてくれると、キモくなくなる気はしますね。キモズム越えのワンチャンありかな。

ドリキン:
 一昔前なら、もっと迫害されててもおかしくなかったと思います。

GOROman:
 90年代はバーチャルリアリティなんて迫害されてましたよね。なので、「anan」とかで特集してほしいですね。「今年の夏はHMDで決める!」とか、「まだ彼持ってないの? やばいよ!」みたいにしましょうよ。「Hot-Dog PRESS」とか。

ドリキン:
 あのグーグルの、新しい「Daydream View」とかは、そういう意味でもちょっとね。

「Daydream View」
(画像はGoogleより)

GOROman:
 ああ、そうですね。キモズム越えワンチャンあるんじゃないですか。あれファブリックだし、オシャレ感あるので。とにかくモテるようになるのが大事。Apple製品なんかもそう。ボクはスマホなんか「Palm Pilot」とか、「W-ZERO3」とか馬鹿でかいやつ使ってたんですね。まったくスマートじゃないスマートフォン。

ドリキン:
 使ってましたね。

GOROman:
 ジョブズが電話を再定義すると言って、iPhoneが出てきてからはキモくなくなりました。それまでBlackBerryとかキーボードとかブチブチに付いてて最高にキモかったと思うんですけど(笑)。

「BlackBerry Torch 9800」
(画像はWikipediaより)

ドリキン:
 (笑)

GOROman:
 いまや持ってると“オシャレ”みたいになっちゃったじゃないですか。

ドリキン:
 この話、面白すぎて全然前に進まない(笑)。

GOROman:
 キモズムだけで終わっちゃう。

mazzo:
 一瞬、VRにつながりかけたんですけど。

GOROman:
 でも、これがすべてVRにつながる伏線なので、全部回収されます。第7回目ぐらいで(笑)。

斜に構えてる場合じゃない。装着したら価値観一転!

ドリキン:
 コレ、完全に専門のチャンネルにした方がいい気がしてきましたが。そんなところにもうパルマー・ラッキー(Oculus創業者)が出てくるんですか?

GOROman:
 まだ出てこないです。「Kickstarter」の話になりますかね。

ドリキン:
 さっき言ってたのは2008年までの話ですね。

GOROman:
 そうそうそう。ジョニー・リーがあれを出してなかったらボクやってない。あの時点からVRの時代がくると思ったんです。それで、いっぱいプロモ作って「ニコ動」とかにアップしてますよ

ドリキン:
 これ、ブログのエントリでいったら6行ぐらいしか進んでない(笑)。

GOROman:
 進捗6%ぐらいですね。30分経って6行しかいってないってなんなんだ。じゃあ、もうタイムマシーンで2008年から2012年に飛ばしましょう。クラウドファンディングの「Kickstarter」で、「Pebble」という時計に出資したんです。「Pebble」はそのままちゃんと完成して、その流れで「Kickstarter」で「Oculus Rift」を発見したんです。それが、まさに俺が欲しかったやつなんです。ソニーさんの「HMZ-T1」という、有機ELディスプレイのHMDを買って改造したりはしてました。『TRACK IR』というフライトシミュレーターをやるためのトラッキングシステムを買って、ガムテープで張り付けて『スカイリム』をヘッドトラックして遊んでたんです。会社に持って行って「これすごいだろ」って自慢しても、みんな吐き気をもよおすばかりで。

ドリキン:
 (笑)

GOROman:
 「絶対に波がくるんだよ」とアピールしてもガン無視です。「また頭がおかしくなった」みたいな顔されました。それで、2012年8月1日に「Kickstarter」で「Oculus Rift」の募集が始まって、すぐにクレジットカード番号入力して300ドルを出資したわけですね。プロモーションビデオがすごかったんですよ。ジョン・D・カーマック(id Softwareの共同設立者。FPSの生みの親といわれる)とか、Valveの社長とかすごい人が推薦してるので、これは詐欺じゃないなと思えたんです。こんなデバイスが300ドルで作れるわけないとは思ってたんですよ。ジャイロセンサーとか数万円していた時代を見てきましたし。そこまで視野角が広いというのを信じられなかったんです。「本当かな」と思いながらも、ジョン・カーマック神が推薦してるので、これは嘘じゃないだろうし、嘘でも300ドルならと思って踏み切りました。当時は1ドル80円でしたから、2万ちょい出資して、あとは届くのを待ってたんです。予定出荷時期は遅れに遅れて、2013年の4月末ぐらいに届きました。

画像はKickstarterより

ドリキン:
 これはmazzoさんも出資してたんですっけ?

mazzo:
 これはしてないんですよ。このときは全然気づいてなくて、「ねとらぼ」には記事があがってたんだけど、この「Kickstarter」は疑惑の方も大きかったんですよね。

GOROman:
 そうですよね。300ドルはちょっと“うさんくさい”と思うじゃないですか。当時800万とかしてましたからね。

mazzo:
 90年代からこういうVRHMDの話はあったけど、結局モノになるブレイクスルーがどこで生まれたのか、わからない状態で出して来られても信じないぞ、という感じだったんですよ。

GOROman:
 やっぱ構えますよね。こんなことあらへんやろ、300ドルで。

mazzo:
 そう。俺たちはアイバン・サザランド(1968年にHMDの「The Sword of Damocles」を開発した人)とかジャロン・ラニアー(VPL Researchを設立し、1989年にVR製品の「Data Glove」や「Eye Phone」を紹介した人)とか知ってるんだぜ、という感じで見てたんですけどね。

GOROman:
 「ダモクレスの剣」からね。

ドリキン:
 でもmazzoさん、「Oculus Rift DK2」持ってたんですっけ(DK=Developer Kit)。

mazzo:
 ボクは「DK2」を買ったんですよ。なんで買ったかいうと、『初音ミク』を実在化させるための展示会が明治大学で開かれたんです。それが2014年の1月。そこでボクは『Mikulus』の最初のバージョンを見たんです。それは「DK1」でしたね。

「次元の壁を超えて 初音ミク実体化への情熱展」
(画像は明治大学公式サイトより)

GOROman:
 ですです。まだ「DK2」は出てなかったですね。

mazzo:
 それを装着してみて、これはVRの時代が来ると思って、「DK2」をオーダーしたという感じですね。

ドリキン:
 そのときはもう「Kickstarter」じゃなかったんだ?

GOROman:
 とっくに終わってますね。「Kickstarter」は1回で終わったので。2012年の8月から1カ月やって、そこで募集は終わってます。そのあとは普通にオーダーですね。

ドリキン:
 ボクはここの流れで行くと完全に遅れていて、「CV1」でようやくキャッチアップして(※CV=Consumer Version)。

Oculus Rift CV1

GOROman:
 それでドリキンさんが絶賛していたのは嬉しかったですけどね。拝見させていただいたけど、大好評じゃないですか。

ドリキン:
 正直ここまで話しててナンですけど、手にするまで斜に構えてたので。

GOROman:
 みんなそうなんですよ。昔のちょっとショボいバーチャルリアリティ時代。VRじゃなくて、バーチャルリアリティ世代が90年代であるんですよね。ブームになったので。やっぱ斜に構えますよね。

ドリキン:
 電脳化すること自体に関しては、ボクも同じぐらいそっち側にいたかったんですけど、このデバイスでは、まだ至らないかなと思ってた。

GOROman:
 そうですよね。『マトリックス』とか『攻殻機動隊』とか『ソードアート・オンライン』とかにいく過程ですもんね。

ドリキン:
 「過程としても未熟なんじゃないかな」と、体験もせずに思っていたんです。

GOROman:
 やっぱりそういう方は多いですよね。

ドリキン:
 ヘッドマウントしなきゃいけないとか、ケーブルがつながってなきゃいけないのが、コンシューマーにはあり得ないよねと思ったんです。でも、「CV1」を使ったときの衝撃が大きくて……そこからは急に、手のひら返したように。

GOROman:
 そういう人も多いですよね。

ドリキン:
 「そういう人が多い」とは聞いていて、「そうならないぜ!」と思っていたのに。

GOROman:
 どれだけ斜に構えるんだっていうね。斜め85度ぐらいに。

ドリキン:
 そうそう。そんな状況でしたね。

1

2

3

4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミTwitterをフォロー
LINE@開設しました

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

カテゴリーピックアップ