「私は女性ですが、人生の半分以上コーエーファンです」――『ゲームの企画書』第四回「コーエー襟川夫妻インタビュー」に寄せられたコメントを公開

 3月22日、『ゲームの企画書』第四回信長から乙女ゲームまで… シブサワ・コウとその妻が語るコーエー立志伝 「世界初ばかりだとユーザーに怒られた(笑)」を公開しました。

 コーエーがこれまでに歩んできた歴史や、それを作り上げてきた襟川陽一さん・襟川恵子さん夫妻の活躍について語っていただいた本記事。知られざるエピソードも多く明かされ、公開以来大きな反響をいただいています。

 ここでは、読者から寄せられた多くの感想の中から、公開の許可をいただいているコメントをご紹介します。

「ゲームの企画書」第四回:

信長から乙女ゲームまで… シブサワ・コウとその妻が語るコーエー立志伝 「世界初ばかりだとユーザーに怒られた(笑)」

寄せられたコメントのうち一部を紹介!

30代・女性

私は女性ですが、人生の半分以上コーエーファンです。
父が提督の決断を買うついでにアンジェリークを買ったのが運命でした。
アンジェリーク、三国志、ジルオール、太閤立志伝などなど買い続け、ネオロマ作品はほぼ買ってました。

ドラマCDも三国志ドラマCDからはまらせていただきましたしキャラソンもほぼ網羅しています。
そしてコーエー歴史雑誌にも何度か投稿させていただきました。
コーエー社員より歴史を知ってるのではないかと思っていましたが、お二人のインタビューを聞いて胸に熱いものが溢れました。
お二人の情熱や信念があってコーエーは続いている、そしてこれからも続いていくんだなぁと思いました。これからも応援しています。

 


 

30代・男性

中学生の時に三国志2をファミコンで始めたのがKOEIとの出会いでした
もう のめり込んでひたすらやって 母親に怒られたのを覚えています 良いゲームでした
シブサワ・コウってどんな人なんだろうか?と当時はずっと謎で興味がありました
今回このような形でお顔を拝見出来て良かったです ほぼーイメージ通りでした
かれこれ 私も現在38歳で 独立して仕事をしております
KOEIさんのような大きい会社に出来るように一生懸命仕事します

 


 

30代・女性

「ゲームの企画書」のラインナップが発表されたときから指折り数えて待っていました。

吸い込まれるように一気読みし、インタビューの中でコーエー立志伝の真髄を垣間見た気がします。
会長のお話でひとつ思い出したことがあります。

今では乙女ゲームはどこのゲームショップでも専用の棚を置かれるぐらいの市民権を得ましたが、「アンジェリーク」が発売された頃は女性向けゲームの需要があるかわからない・女性客がそもそもいないという状況の店もありました。

数少ない女性客だった私は店員の方から「POPを書きたいんだけど女性の意見を聞かせて」とカセットを渡されました。

そこから私はネオロマンスゲームにドはまりするわけですが、発売より10年も前に会長が描いた未来予想図の中に自分がいたんだなあと思うと不思議な感覚です。
今回は「なりきり願望」というのは老若男女、洋の東西を問わないことを証明した記事でした。

 


 

30代・男性

大変おもしろく読ませていただきました!

実は私はオタク系マスコミ業界の人間です。子供のころからテレビゲームに触れ、大人になってからはプロとして、たくさんのゲーム記事を読み、時には自分で作ってきました。

ゲームはすでに文化として成熟し始めているのに、一般誌でも通用するような骨太なインタビュー記事がないと感じていました。電ファミニコゲーマー様のインタビュー企画は、まさに私の理想を体現したものであり、毎回楽しませていただいております。

今回の光栄社長ご夫妻は、私自身が歴史ゲーム好きということもあり、これまでの連載の中で一番楽しく読ませていただきました。二人三脚での会社経営、「信長の野望」や「アンジェリーク」の誕生秘話など、見どころが盛りだくさんでした。

もともとゲームの会社ではなく、陽一会長が趣味の延長でソフトを開発したことが転機というのが、とても驚きました。また、奥様が投資家にしてデザイナーという、会社経営に必要な財務と広報・宣伝の能力を有している点も素晴らしいと感じました。もちろん、お二方の努力あってこその現在だと思いますが、やはり有名メーカーは「成功するべくして成功する」のだと感じました。

 


 

20代・女性

楽しく拝見させていただきました。こちらを拝見するのは初めてでしたが、非常に興味深いお話の数々…逸話の補完などがあり、大変コーエーファン・ネオロマンサーとしては嬉しい企画でした。ご夫婦そろっての対談なんて、今まで見たことがありませんでしたし新鮮です。個人的に恵子夫人の奮闘ぶりはお噂はかねがね…といった感じで、女性としてゲーム業界の色んなお話を聞いてみたいと思いました。今でこそ乙女ゲームという位置は確立してきましたが、まだまだまだまだ発展途上だと思います。次回はもっとネオロマンスについて・恵子氏について掘り下げたものが読んでみたいなと思いました。是非に御願い致します♪

 


 

30代・男性

とにかく人物伝的な読み方をするだけでも面白い。任天堂の故・岩田聡社長も「プログラマー兼ゲーマー社長」でしたが、こちらも負けず劣らず。しかも奥様は無双キャラかと思えるほど一騎当千の経営感覚を持っているようで、とにかく突っ込みが追い付かないレベル。まさにゲーム業界の戦国時代を夫婦で駆け抜けている感じが伝わってきて凄く良い記事でした。

 


 

30代・男性

リアルタイムで光栄のゲームをプレイしていたものとして、文字通り舞台裏を垣間見るような記事で、大変に面白かったです。私は大航海時代IIIが一番好きで、それが高じて歴史研究に進んだような所があるのですが、それにしても光栄の社史自体がこんなにもドラマティックだったとは想像もしていませんでした。時折読み直したいと思います。

 


 

20代・女性

自分は、信長の野望 武将風雲録というゲームをメガドライブで初めてプレイしてからのファンです。(当時小学1年生でした)

父親が歴史の勉強のためにと買ってくれたことがはじまりで、 それから毎年の誕生日、クリスマスには必ず光栄のゲームを買ってくれました。

三国志は三国志2からで、1番はクリスマスに買ってもらった三国志5が好きです。 このゲームのおかげで、何も勉強で取り柄がなかった自分が、歴史の授業が好きになり、日本史では生まれて初めて100点をとったりすることができました。 人生においての唯一の取り柄を作ってくれたことで自信をつけるきっかけとなってくれた、勉強を勉強としてとらえずゲームとして楽しませてくれた信長の野望が、どういった経緯で生まれたのか、どういう歩みをしてきたのか、自分の大好きな「歴史」が垣間見ることができてとてもうれしい記事でした。

信長の野望は私の人生の一部です。おかげさまで、立派なゲーマーとしての道を歩み続けています。今月発売の信長の野望創造・戦国立志伝が楽しみです。


「コーエーのゲームからは本当に多くのことを受け取った」という思いが伝わるご感想を多くいただきました。ありがとうございます。

公開後『はてなブックマーク』では「主人公にして朝ドラ一本できるぐらい面白い」と、ドラマを連想するというコメントがいくつか寄せられました。編集部でも「誰が襟川恵子さんを演じるのか?」という話題で盛り上がりました。いつか見てみたいものです。

4月4日に公開が予定されている『伝説の漫画編集者マシリトはゲーム業界でも偉人だった! 鳥嶋和彦が語る「DQ」「FF」「クロノ・トリガー」誕生秘話』からはスマートフォンアプリ版同様に、web版でも直接コメントいただけるようになります。ぜひ、そちらもコメントをお寄せください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ