手紙の文章を並べ替えて人々を幸福に導くアドベンチャーゲーム『WILL: A Wonderful World』のNintendo Switch版が海外で10月リリース決定

 CIRCLE Entertainmentは、WMY Studio開発のアドベンチャーゲーム『WILL: A Wonderful World』のNintendo Switch版を海外で10月に発売すると発表した。詳しい発売日は追って発表される。

 『WILL: A Wonderful World』は、記憶喪失となった神様が「イシ」という名のしゃべる犬(?)に導かれ、救いを求める人々の運命を変えるアドベンチャーゲームだ。救いを求めるのは恋をしたオタク青年や自殺しようとする画家だけでなく、街でゴミを漁って生きるネコまで個性豊かな人物が揃っている。プレイヤーは神様として、彼らから届いた手紙の文章を並べ替えてハッピーエンドへと導く。

 ゲームはブロックで分けられた手紙の文章を並べ替えることで進行する。自由に入れ替えができるわけではなくさまざまな制限があり、さらに変更された登場人物の運命は別の登場人物に影響するなど、物語は複雑に絡み合っている。入れ替えた内容によってたどり着いた結末でSランクからバッドエンドまで評価される、パズルゲームのようなゲームプレイになっている。

(画像は『WILL: A Wonderful World』Steam Storeより)

 WMY Studioは王妙一氏が中心となって結成されたインディゲームデベロッパーだ。王氏がほぼひとりで制作を行っており、BGMとグラフィックだけをアウトソーシングしたという。また、8月にリリースされた『Indie Games in China』では、中国のインディゲームデベロッパーのひとつとして出演している。

 『WILL: A Wonderful World』は中国語だけでなく、Playismから日本語版もリリースされている。発売されたプラットフォームは現在はPCのみだが、今回発表されたNintendo Switchの他にPlayStation 4でのリリースも予定されている。国内外で非常に高い評価を受けており、Steamでは圧倒的好評を得ている。国外だけでなく日本国内での販売にも期待したい。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

SNKが「NEOGEO」人気タイトルを収録した新ゲーム機の販売を発表。ミニファミコンやメガドライブミニに続くものとなるか?

『ストII』や『ファイナルファイト』の“家庭用アーケード筐体”登場。3/4スケールの公式ライセンス商品──1/6スケールのレプリカ筐体やバンナム作品が20タイトル遊べるミニ筐体も

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ