シリーズ最新作『スーパーロボット大戦T』がPS4とNintendo Switch向けに正式発表。『カウボーイビバップ』や『レイアース』が初参戦、スマホ向け新作も

 バンダイナムコエンターテイメントは、生配信番組「生スパロボチャンネル」にて、『スーパーロボット大戦』シリーズの最新作『スーパーロボット大戦T』を正式発表した。

 対象機種はプレイステーション4とNintendo Switch、リリース時期は2019年。今回の発表は参戦作品と概要が伝えられるに留まっており、発売日などの情報は追って告知されるとのことだ。また、ファミ通での特集があることも明らかにされている。

 映像では『機動戦士ガンダムZ』や『逆襲のシャア』、『ガオガイガー』や『機動戦艦ナデシコ』といったおなじみの面々が登場。また、新規参戦作品としては『楽園追放』『カウボーイビバップ』『わが青春のアルカディア 無限軌道SSX』『マジックナイト 魔法騎士 レイアース』が挙げられている。

■スーパーロボット大戦T 参戦作品
・無敵ロボ トライダーG7
・聖戦士ダンバイン
・聖戦士ダンバイン New Story of AURA BATTLER Dunbine
・機動戦士ガンダムZ
・機動戦士ガンダムZZ
・機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
・機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン(機体のみ)
・機動戦士クロスボーン・ガンダム
・機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート(機体のみ)
・機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人(機体のみ)
・機動武闘伝Gガンダム
・装甲騎兵ボトムズ
・装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー(機体のみ)
・装甲騎兵ボトムズ ボトムズ ビッグバトル
・勇者特急マイトガイン
・勇者王ガオガイガー
・トップをねらえ!
・機動戦艦 ナデシコ The prince of darkness
・真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日
・劇場版マジンガーZ/INFINITY
・ガン×ソード
・カウボーイビバップ
・わが青春のアルカディア 無限軌道SSX
・魔法騎士レイアース
・楽園追放 -Expelled form Paradise-

(画像はYouTube | 『スーパーロボット大戦』生配信番組「生スパロボチャンネル」より)
(画像はYouTube | 『スーパーロボット大戦』生配信番組「生スパロボチャンネル」より)

 このほか番組内では、スマートフォン向けアプリゲームとなるシミュレーションRPG『スーパーロボット大戦DD』も正式発表されている。2019年配信予定で、iOS/Androidが対象。事前登録の受付が開始されている。『デビルマン(原作漫画版)』も参戦するという。

 こちらはスマホ向けに家庭用と異なるシステムを採用しており、AUTO機能も搭載されているとのこと。ユニットはすべてストーリーの進行によって自動的に入手されるが、ステータスアップやアビリティ付与の効果がある「ユニットパーツ」が存在。こちらはガチャか報酬で入手することができる。

 なおゲーム序盤には参戦作品を分けたワールドが4つ存在しており、これらからひとつを選びゲームを進めることになるという。ただし、あくまでこれらのワールド選択は序盤にのみ影響を与えることが強調されている。先行テストプレイが11月19日(月)~12月4日(火)12時まで募集されており、12月14日(金)~12月16日(日)までワールド2をプレイできるそうだ。

■『スーパーロボット大戦DD』参戦作品
・デビルマン(原作漫画版)
・鋼鉄ジーグ
・真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日
・マジンカイザー
・超電磁ロボ コン・バトラーV
・超電磁マシーン ボルテスV
・聖戦士ダンバイン
・装甲騎兵ボトムズ
・蒼き流星SPTレイズナー
・勇者王ガオガイガー
・コードギアス 反逆のルルーシュ
・ゼーガペイン
・ゼーガペインADP
・革命機ヴァルヴレイヴ
・機動戦士 Zガンダム
・機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
・機動戦士ガンダムSEED
・機動戦士ガンダムOO
・機動戦士ガンダムUC
・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
・フルメタル・パニック!
・エヴァンゲリオン新劇場版:序
・エヴァンゲリオン新劇場版:破

文/ishigenn

関連記事:

【寺田P×奈須きのこ:対談】決戦!『スパロボ』VS『Fate』――と思いきや、奈須きのこのスパロボ愛が炸裂して、寺田Pから濃ゆい制作秘話が聞けちゃった!

【寺田P×奈須きのこ:対談】庵野「シャアをエヴァに乗せて」→スパロボPはなぜ断ったのか!? Pが語る原作とゲームの狭間の葛藤。そしてFGOがスパロボから継承したもの

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ