『スマブラSP』Ver.1.2.0の内容が発表。こどもリンク、アイスクライマー、しずえなど13名が個別調整

 任天堂は、2018年12月14日に『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』のVer.1.2.0を配信した。あわせてパッチノートを公開している。

 今回のアップデートでは、主にバランスとオンラインマッチングの調整が行われている。本作には勝利することでファイターをアンロックできる「挑戦者」という要素があるのだが、それがかなり強いケースもあったため調整が行われたのだろう。

 オンラインマッチングでは、「優先ルール」がより反映されやすくなった。本作には対戦ルールがいくつもあり、たとえば大人数で戦いたい人、あるいは1対1で戦いたい人などは、自ら優先するルールを決めておき、それに近い相手とマッチングを行うという仕様になっている。今回のアップデートによって、これがより反映されやすくなったとのこと。

(画像はNintendo Switch|ダウンロード購入|大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALより)

 個別の修正が入ったファイターは、ドンキーコング、リンク、カービィ、ルイージ、アイスクライマー、こどもリンク、ピクミン&オリマー、トゥーンリンク、むらびと、ゲッコウガ、パックマン、ダックハント、しずえの13名。これらは具体的にどのような調整が行われたかは発表されていない。

文/渡邉卓也

関連記事:

『スマブラSP』テーマソング「命の灯火」を歌っているのは18歳の女子高生だった。桜井氏が“期待の新星”と紹介

『スマブラSP』最強のゲームメーカーはどこだ。任天堂UKがバンナムやスクエニ、カプコンのコミュニティマネージャーが参戦する大会イベントを配信

著者
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ