『青鬼』を心霊スポットで実況プレイしてみたら、ホントに怖かった

(左から、MCの松嶋初音、わいわい、鎌首、まお、第三営業部のアルティメット・ハイ、王定六、蛮太郎)
AndApp RPGツクールMV スマホで青鬼実況大会
配信日時  2016/12/18 20:00〜
備考タイムシフト視聴可能(2017/1/24現在)
実況者が挑戦した企画動画は個別に公開されている。

 2016年12月1日、大ヒットホラーゲーム『青鬼』の最新作『青鬼2016』が、DeNAのプラットフォーム「AndApp」にて配信開始された。『RPGツクールMV』で開発されたことにより、スマホから、デスクトップから、ノートパソコンからと、さまざまなデバイスで遊べるようになっている。
 その『青鬼2016』の配信を記念して、“人気のゲーム実況者たちが、考えうる最も無茶な状況で『青鬼』実況をやる”という、とんでもない番組が公開された。

 わいわい鎌首まお第三営業部の3人と1グループが、心霊ツアーや深夜の廃校、さらには銭湯、催眠術(!?)と、数々のありえない状況下での実況にチャレンジ! 個別にVTRを収録し、それを交互に見せ合うという。

  彼らの『青鬼』実況は、一体どうなってしまうのか!?

わいわい:
 じゃあ、ボクがゲームのテキストを、落合さんに“怖い話をするみたいに”読み上げるんで、聞いててくださいね。

運転手の落合さん:
 はい、わかりましたー。

 大仏マスクがトレードマーク、最近ではゲーム専門チャンネル『実況天国』でもひっぱりだこの人気実況者・わいわいが挑戦したのは、タクシーで回る横浜心霊スポットツアーでの実況。
 古い城跡や、事故や自殺の多かった踏切、さらにもっとディープなスポットまで……。地元のタクシードライバーならではの知識で巡る心霊ツアーに参加して、タクシーでの移動中にスマホでゲーム実況を敢行したのである。

 ツアーの最後に訪れた「防空壕跡」で撮影した記念写真には、心霊写真のようなものが映り込み……?

まお:
 マジでいいかげんにしろよッ! 前のロケでもここまでひどいことしなかったぞ! オイッ! ふざけんなよスタッフ! カメラを放置するんじゃない! 1人にするんじゃない! 人里離れてるんだぞッ!!

 深夜ラジオのDJのような軽快なトークがウリのまおが、フルタイムの本職が終わった後に連れて来られたのは、深夜の廃校
 古びた教室の片隅で、『青鬼』をプレイすることになるのだが、収録が進むにつれて、1人、また1人とスタッフは消えていき、最終的には真っ暗の教室の中にまお1人が放置される形に。

 このエクストリームすぎる状況下で、ほぼ初見プレイとなる『青鬼』をクリアすることはできるのか!?
 深夜の校舎には、まおの悲鳴と(主にスタッフに対する)怒声がこだまする……。

蛮太郎:
 さあ! 青鬼が登場してまいります! 要素液に浸されたジャガイモのように、その全身を青紫色に染めた世界最強の二頭身が、その静かな瞳に静かな闘志を浮かべて挑戦者に襲いかかります!!

 ゲームのプレイ動画にプロレスやスポーツ中継のような本格的な実況を加えた“ガチ実況”や“炭酸水”の実況など、斬新な実況を繰り出すエンターテイメント集団・第三営業部が挑むのは、AndApp版『青鬼』のRTA(タイムアタック)。 
 しかし、その会場として選ばれたのは、まさかの銭湯!?


 蛮太郎 (ばんたろう)によるガチ実況、RTA世界記録保持者である王定六 (おうていろく)の解説に乗せて、走者アルティメット・ハイが(なぜか銭湯で)記録更新に挑む模様を、凝りに凝った編集で見せる。

十文字幻斎先生:
 ここからワンしか言えなくなるよ? (パチン)ハイ、ワン!

鎌首:
 ワン……。ワン? ワンワン!? ワン!

 「催眠術を掛けられた状態でゲーム実況をするとどうなるのか?」──そんな人体実験ともいえる企画に挑戦したのが、ホラーゲームを専門に実況する、ゲーム実況者ならぬゲーム絶叫者・鎌首
 催眠術にはかかりやすい人とかかりにくい人がいると言われるが、この鎌首はブッチギリでかかりやすいタイプだったらしく、催眠術師の十文字幻斎先生の言われるがままに操られていく。

 本来は、ゲームの内容に合わせて、感想や解説を挟んでいく必要があるゲーム実況。しかし、幻斎先生によって「ワン」という言葉しか発せなくなる。本人は気の利いたコメントを言いたいはずの鎌首だが、口から出るのは「ワンワン」といった鳴き声ばかり。
 企画が進むに連れて、さらに悪ノリは進んでいき、ゲームとは関係ない「レモンが甘く感じる催眠術」や、「ガリガリ君が溶岩のように熱く感じる催眠術」を掛けられ、おもちゃにされていく……。

 さらにVTR終了後、この幻斎先生が生放送中のスタジオに乱入! 何も聞かされていなかった実況者たちに、次々と催眠術を掛けていく。
 視聴者アンケートによって選ばれた催眠術のテーマは、あらゆる言葉が「〇〇でちゅ」という赤ちゃん言葉になってしまう暗示。数秒前まで「ウソだろ?」と言っていた、まおや王定六が次々に餌食になる。

 こんな感じの「これもう、『青鬼』関係ないじゃん!」という企画がある一方で、後半には真面目なゲーム実況もあったこの番組。それぞれの実況者が挑戦した企画動画は、今後個別に公開される予定なので、気になる人はぜひチェックしてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ