新着記事

『FFIII』のラストダンジョンが激ムズになったワケとは?──坂口博信氏がプレイしながら語る当時の思い出

野末さんに代わり、広野 啓さん登場

左から林克彦、坂口博信氏、広野啓氏、ゆーみん17

林:
 ちなみに広野さんは『FFIII』は?

広野:
 ボクが初めて出会った『FF』が『FFIII』ですね。

林:
 そうなんですね。

広野:
 ボクは近所のお兄ちゃんか誰かがパッケージを持っていて、説明書を見せてもらったんですよ。そうしたらめちゃくちゃ面白そうって思って。当時、兄貴は『DQ』をプレイしていたんです。だからそのとき『FF』を知って、白いパッケージに天野さんの剣を構えたイラストが描かれていて、何かのタイミングで買ってもらったんですよね。

坂口:
 お兄さんは『DQ』で、広野さんは『FF』で、おめでたく合併したってことね。

広野:
 そういう感じですね(笑)。でもボクが最初に入った会社がバンダイなので……。

坂口:
 いよいよバンダイも合併するのかい!?

一同:
 (爆笑)

坂口:
 じゃあ、バンスクエニ? スクエニバン?(笑)

林:
 いろいろややこしい話ですね(笑)。

広野:
 ボクが就職活動しているとき、スクエニは新卒採用を採っていませんでしたもん。

坂口:
 新卒は採ってなかったですね。

広野:
 だから受けられなかったんですよ。でも入社できてよかったです。

新しい村でシドと出会う!

広野:
 うわっ! 懐かしいこの町! ここにシドがいるんですよ。

坂口:
 (酒場奥の人に向かって)これがシドでしょ?

広野:
 そうだ!

坂口:
 いきなりシド、透明人間だったんですね(笑)。

広野:
 飛空艇を探しに行くのか。なんだろう、この色の数が少ないのに世界の広がりを感じる。いま『FFBE』でドットをやっていますが、当時の色の数での表現力はすごいですね。

坂口:
 (ツボを調べて)あ、何もない(笑)。

一同:
 (笑)

坂口:
 色は結局、1つのマス目の中に3色ですからね。キャラクターも黒を入れて4色か。

広野:
 (透明人間は)確か黒を抜いているんですよね。

村を出て、飛空艇に乗る!

坂口:
 これで飛空艇が手に入るんですよ。斬新。というか天才? たぶん、才気あふれる若者たちが(このゲームを)作ったんだろうね。

広野:
 うわー懐かしい! 飛空艇!

坂口:
 頭が下がる! 素晴らしい仕事!

広野:
 ボク、(飛空艇を使って)絶対山を越えられると思ってましたもん当時。ぜんぜん山を越えられない(笑)。

坂口:
 この高度で越えられないわけがないのに(笑)。だって城は越えられるんだよ。すごい高いじゃん、この城。明らかに通れるのにさ。

サスーン城に侵入

坂口:
 この塔の上で植松さんが死んだんです。宝箱を開けなかったんですね、あのときは。ほら、ここに目印があるでしょ? 見逃さなきゃ全部通れるんですよ。

林:
 こういうギミック多かったですよね。

坂口:
 多かったですね。

宝箱を開ける

坂口:
 1000ギル手に入れたのに、ギルの表記が平仮名。シリーズ途中からカタカナだよね。

広野:
 『FFIV』からですよね。

林:
 なんで平仮名だったんでしょうね?

坂口:
 なんか、平仮名しか出ないから、それが面白くなっちゃったんでしょうね。

林:
 平仮名推し! みたいな。

坂口:
 みんなね。

手に入れた魔法を装備する

坂口:
 魔法を(アイテム欄で)使うと覚えるっていう不思議なシステムですよね。

広野:
 (魔法の使用)回数がありましたよね、『FFIII』って。

坂口:
 これは『ウィザードリィ』方式です。ボクは昔からこれが好きで。

広野:
 なるほど。

坂口:
 いくら強くてティルトウェイトを持っていても、3回しか使えない。

広野:
 ゲームバランスとしてわかりやすいですよね。

坂口:
 下位魔法もある程度使っていくっていう。

林:
 使いどころ考えますもんね。

隠し通路で宝箱からトンファー入手

坂口:
 これを持っているのと持っていないのでは大違いですよ。

広野:
 トンファーって武器を(このとき初めて)知りましたけどね。RPGでトンファーってカタカナで書いてあって、どんなものか知らないじゃないですか。あとで「これかー!」って。

林:
 いまもトンファーってそんなにないですよね。

坂口:
 もしかしたら登場したの『FFFIII』だけじゃないかな(笑)。

広野:
 あんまりトンファー聞かないですね(笑)。

この記事へのコメント3

コメントを書く
  • お姫様のベッドの匂いを嗅ぐイベントって、坂口さんの原体験を詰め込んだモノだったとは!
  • もう、ベッドの話しか残らない…。確かにあのシーンは体験していない自分もしっかり覚えています。
  • こんなギリギリの色数でくらやみのくもとか表現してたのかと思うと、頭おかしいとしか感じない。
    攻略本は魔法の設定が面白かったなぁ。ホーリーは魔力ではなく理力の魔力だとか、フレアは存在否定の魔法で爆発は結果的に起こるとか書いてあった気がする。
    サプライズをモチベーションに。見習いたい。

関連記事

新着記事