「世界に発信している日本の音楽はアニソンだ!」作曲家・田中公平が『サクラ大戦』を弾き語りしつつ志倉千代丸とぶっちゃけトーク

【田中公平、Watch Dogs 2、RPGアツマール】電人☆ゲッチャ!
配信チャンネル電人☆ゲッチャ!
配信日時  2016/12/1 21:00〜
備考タイムシフト視聴可能

<以下、番組の一部を書き起こしたものを、そのまま掲載しています>


柳原:
 今日はですね、たくさんのアニメ作品で名曲を産み落とされてきましたあの方に、お越しいただいております。この方です、どうぞ!

田中:
 田中公平“役”の田中公平です。

柳原:
 最初からずっこけさせて! そういった役を演じながらの田中公平さんですね。

志倉:
 大先生すぎて、どこまで厳しく突っ込んでいいのかわからないですね。

柳原:
 ほんとほんと。

田中:
 自由に突っ込んでください。

志倉:
 自由でいいんですね。無礼講でいいんですね?

田中:
 無礼講でいいんです。無礼講無礼講。

志倉:
 言いましたね?

田中:
 今日は無礼講、ブレイカーで。

柳原:
 ブレイカーって、落としてるからそれ、カチャンって。

志倉:
 音出なくなるわ。

柳原:
 ということでございまして、『神が来る』といったコメントもいっぱいございましてね。

志倉:
 それはアニソンファンにとってはねえ。

柳原:
 どうですか、名人、田中さんのことは?

高橋:
 ボクはね、田中先生と初めて会ったのは93年くらいですね。

田中:
 そう、ハドソンでくすぶってるときにね

柳原:
 くすぶってたときがあったんですね、名人も。

高橋:
 まあ、名人やっている間に。名人中に……(答えづらそうに)。

志倉:
 名人中、何にくすぶってたんですか?

高橋:
 あのね、えッとね、ちょっとなあ……。『天外魔境』というゲームのときにね、ちょうど『カブキ伝』ですかね、田中先生にお会いしたのは。

田中:
 そうですね。

志倉:
 名作じゃないですか。

田中:
 知らんくせに

志倉:
 『天外魔境』、大ファンですから。

田中:
 この人(志倉)、割と調子いいんでね。

志倉:
 「CD-ROM」っていったら『天外魔境』は絶対はずせないですよね。

田中:
 みんな、話半分に聞いといて。

志倉:
 のっけからやめてください。

柳原:
 ボクはちょっとお仕事で、『トップをねらえ』のお話とか一緒にさせてもらったり、とか。

田中:
 なんか昔と比べてだいぶ太ってしまってさあ、ザリガニがなんか上海ガニみたいな。

柳原:
 ラオチュウ持ってきて、あほ! それで、千代丸さんも?

志倉:
 ボクもお世話になっていますよ。

田中:
 最初は、NHKの「のど自慢大会」の審査員ですね。

柳原:
 ああ、そうかそうか。

田中:
 「初めまして、志倉千代丸です」と言われて私が言った一言。「キミ白いな。発泡スチロールみたいやな」

志倉:
 あのね、その瞬間、ぶん殴ってやろうかと思いましたね。

柳原:
 やめなさい、大先生に。

志倉:
 大先生とはいえ、キミ発泡スチロールみたいやね、って初対面で言う?

田中:
 海水浴してたら、なんか発泡スチロールと間違えられてるのと違う?

柳原:
 違うたとえがあるでしょ?

志倉:
 その後ヘッドロックしときましたけどね。

柳原:
 いや、やったらあかん……やったんですか?

田中:
 (彼の話は)話半分で(聞いといてください)、すんません。

山本:
 お二人といえば、N高校歌『代数Nの方程式』ですよね。

志倉:
 そう、合作。公平さんに作曲していただいて、ボクが詩を書いて。(山本に)なかなかいいフリするじゃ〜ん。

田中:
 (PVを)観させていただいたけど、感動した。「こんないい曲やったっけ?」って。

柳原:
 自分の曲、自分の曲。

田中:
 歌詞がええのよ

志倉:
 そんなことないです。

田中:
 話半分です。

柳原:
 え〜、我々世代だけではなく多くの世代がね、たぶん、田中先生の音楽、楽曲を耳にしているんですけれども、改めてちゃんとやっぱりプロフィールを。奇跡的に、今日初めて田中公平さんを知る人がいるかもしれないし。プロフィールいきましょう。

山本:
 東京芸術大学音楽学部作曲科を卒業したのち、ビクター音楽産業に3年間勤務しました。その後、アメリカ・ボストンのバークリー音楽学院に留学し、帰国後、本格的に作曲・編曲の仕事を始めました。

柳原:
 今日はちょっとね、短いお時間ではございますけれども、あんまりできない質問とかも、ちょろっとしてもいいんじゃないかな、と。

志倉:
 いやでも、生放送に、この先生は向いてない人なのでね。

柳原:
 だから、基本的な内容から、ありふれた質問ではないものもいろいろと。

山本:
 一応、音楽学校行っているってことは、いつから……(音楽をしてたんですか?)

志倉:
 “一応”じゃないから、バリバリやから。

山本:
 志倉さんは、工場のバイトとかしていたんですけど。

志倉:
 流れ作業ね、ベルトコンベアのあるところで。

柳原:
 いまでは考えられへんような仕事もイロイロしてますよね。

山本:
 いつから音楽をやろうと思ったんですか?

田中:
 ほとんど生まれたときからやってますね。小学校1年のときに作曲した作品がありますよ。

柳原:
 それはお父さんお母さんの影響とかですか?

田中:
 ぜんぜん。親戚一同、音楽家は誰もいない。

志倉:
 お医者さんですよね、なんかね。

田中:
 (私には)なんか変な霊が憑いている。音楽家の霊が

柳原:
 それ、最高じゃないですか。

山本:
 モーツァルト的なね。

志倉:
 この人、本当に適当なことばっかり言うんですよ。

田中:
 すみません。大阪人なもんでね。

柳原:
 では、もう物心ついたときには音楽に関わってたんですね。

田中:
 そう。男の子やから、ピアノを男の子が習うような世代ではなかったけど、いきなり「ピアノ買って」って言ったらしい。それで買ってもらったんです。お金持ちやから

柳原:
 それは幸せなことですよね。

志倉:
 ほんと、そうですよ、実際、金持ちの息子なんですよ。

山本:
 ピアノなんてものは、無理矢理習わされるイメージがあるじゃないですか。それを自分からやろうというのはやっぱりねえ(すごい)。

志倉:
 コメントもっと書いてやって、「ボンボンめ」とか。おうちが金持ちって知らなかった人も多いでしょう? おうちが金持ちだからって、金かかる経歴だよ、コレ

田中:
 ほんとだよね。クラシックの音楽を勉強するのって、本当に金がかかるんですよ。高校のとき、東京の先生に習うために、日曜ごとに新幹線で通っていたんですよ。

志倉:
 ボンボンで、作曲家で印税もバンバン入ってきて。

田中:
 ボンボンバカボンバカボンボン。

志倉:
 ばかやろう。

柳原:
 今、勇気を持って言ったね。え〜、もっと基本的な質問とかしようか。

山本:
 最初に買ったレコードとかは?

田中:
 『帰ってきたヨッパライ』。

(みんなで『帰ってきたヨッパライ』のサビを歌う)

田中:
 2曲目は、『悲しくてやりきれない』。今、映画『この世界の片隅に』で歌われています。名曲ですね。

柳原:
 おもしろいですね。

田中:
 でも元来は、クラシック少年なんで。ベートーベンとかワーグナーとか、小学生が聴かないようなやつばっかり聴いてたんですよ。

柳原:
 やっぱりご自身のベースにあるのはクラシックですか。

田中:
 『帰ってきたヨッパライ』かなあ。いや、ちがうて。

柳原:
 ということで、ちらっと田中先生のことを垣間見れたところで、まずは、数々の作品ございますけれども、代表作を抜粋してご覧いただきたいと思います。

志倉:
 何曲作ってます?

田中:
 1万くらいですかね、35年やってるんで。割ったら年間300でしょ?

山本:
 1日1曲?

柳原:
 伝説で、「3日間で70曲作った」という話が合ったでしょ。

田中:
 その話言わす? 駆け出しの頃なんで、いい仕事なんか来ないんですよ、普通は。
 そんなとき、ある作曲家の先生が仕事ができなくなって、いきなり電話かかってきて、ちょっと来てくれと。行ったら「6日後にレコーディング」と言われて「あ、そうですか」で、76曲、オーケストラ。
 「あ、やります」って。76曲を3日半で作って、なんと打ち込みまでやった。

志倉:
 それ、なんでギネス申請しないんですか。

山本:
 ほんとですね。

高橋:
 RPGの音楽をお願いするときも、わりと短い期間で曲数多いじゃないですか。そういうのも(あるんですよね)。

田中:
 植松くん「『ファイナルファンタジー』どのくらいで書いたん?」って1回聞いたんですよ。「4カ月くらいかかってます」って言われて、逆に「『サクラ大戦』どのくらいで書いたん?」って言われて「10日や」って。

高橋:
 『天外魔境』から、広井王子さんと一緒になって、『サクラ大戦』までそのままですよ。

(『サクラ大戦 檄!帝国華撃団』をピアノで弾く)

柳原:
 コレを聴いて魂を揺さぶられないわけがない。作品はこれだけあります。

山本:
 『ワンピース』!

志倉:
 『ジョジョ』ね。

田中:
 『ゲートキーパーズ』『かいけつゾロリ』『ああっ女神さまっ』『暗殺教室』も、ですよ。最近で言うたらね。現役でしょ? 懐かしの人じゃないよね。

山本:
 コメントでありましたが『ジョジョ』のオープニングが10,000曲目だったという。

田中:
 そうそう。あんたええ振りするなあ。9,990曲目くらいのときに、この仕事が来て、すごい調整したのよ。

柳原:
 そこに着地するように!? パラシュート、めちゃうまいですね。

田中:
 そう。すごい調整したのよ。先に『ジョジョ』をせなあかんのに、後でやったらええやつをどんどん先にやって調節したのよ。そして『ジョジョ』を10,000曲目にした。

高橋:
 逆に、1曲目って何ですか?

田中:
 そこ、難しいこと聞くなあ。あまり覚えてない。最初に作曲したのは、アニメの曲ではあまり覚えてない。でもテレビのCMはトヨタのカローラだったかなぁ……いろいろあるんですけど、その辺は覚えている。CMって大変ですよ。やったことあります?

志倉:
 何度かあります。

田中:
 クライアントがいっぱい並んで、あーでもない、こーでもない、言うんですよ。「ちょっと暗いな」とか「明るいな」とか。2時間くらいやってて、社長が『ちょっと聴かせろ』言うて聴かせたら、『これいいじゃないか』言うたらそれに決まって。

志倉:
 こういった業界の裏側も聞けちゃう。

田中:
 裏側めちゃくちゃ知ってますよ。だから私が一番面白いのは座談なんです。楽屋の話が一番面白い。

柳原:
 そういう会もまた開きたいと思います。

志倉:
 アニソンの作家っていっぱいいるじゃないですか。1人ずつ、この人(田中さん)に語らせたら大変なことになります。

柳原:
 2時間でおさまらへん。

田中:
 さっきも志倉と(他人の)悪口の言い合いや。

志倉:
 言うとくけど、言い合いではなく、自分は聞いてるだけや

田中:
 「ようあんな奴がアニソンの作曲やっとるな」って言うとったやん。

志倉:
 事故に巻き込むのはやめてください

田中:
 君は炎上慣れてるやんか。誰かまとめーや。

柳原:
 よう、それだけ暴走してまとめえって言うなあ。

志倉:
 関西の人やから、ちょっとした間にもうるさいからネ。

田中:
 あと、オチのない話はせんといて。

柳原:
 頼むから自分に手綱を持たせてください。

(田中のゲーム音楽の一覧が出る)

田中:
 やっぱり『天外魔境』と『サクラ大戦』と、『GRAVITY DAZE』でしょうね。

柳原:
 『サクラ大戦』は、ゲームから音楽が世に出るというのの走りと違います?

高橋:
 『天外』が、当時のバラエティとかによく使われてたんですよ。

柳原:
 あ、そうか。当たり前に聴いてるけど。

田中:
 『サクラ大戦』なんか、同じ曲を700曲くらい書いたよ。歌だけでね。で、BGMは1,000曲くらい書いた。

山本:
 (TV番組の)「開運!なんでも鑑定団」とかは?

田中:
 「鑑定団」は(番組側が)勝手に使ってるんです。鑑定しているときの「♪チャンチャカチャンッ」ていうやつも。

山本:
 え、そうなの?

田中:
 あれ、私が即興で弾いたやつ。ね、みんな知らんでしょ? 知らんこと多いね。

柳原:
 当たり前に聴いてる曲でも、先生が作った曲って世の中にいっぱいある。

田中:
 そうですね。私は物覚えがよくて、10,000曲あってもわりと覚えている。だから音源を聴けば、あのときどうだったとか、シチュエーションを思い出す。テレビから流れてきたら、『お、ボクの曲、ボクの曲』って振り返る。

高橋:
 振り返る回数多いだろうなあ。

田中:
 ちょっと散らかしたからまとめて。

柳原:
 ちょっと、曲をいろいろ聴いていきたいんやけども、何が聴きたい?

山本:
 私は『ワンピース』になっちゃいますよ。

田中:
 では『ウィーアー!』を。歌ってもらってもええよ。

(『ワンピース/ウィーアー!』をキーボードで弾き語り)

山本:
 楽しい。

柳原:
 視聴者のみんな、すごい『ウィーアー!』言うてる。

田中:
 ゆーてゆーて。中途半端なイジリせんといて。

柳原:
 素晴らしい。

田中:
 世界中で歌うんですよ。12月23日にパリでオーケストラコンサートやるんですよ。その最後に『ウィーアー!』を全員立って日本語で歌いますよ。

柳原:
 日本語なんですね。

田中:
 世界中の人みんなそうです。一番面白いのはね、歌の一番はみんな完璧に歌えるんです。『♪ありったけの〜』って。二番がわかれへんねん

柳原:
 “あるある”ですね。

田中:
 一番困るのは、二番を一番の歌詞で歌うねん。

志倉:
 アニメだけ観てるとね。

田中:
 で、半分、二番グダグダになるねんけど、また『ウィーアー!』でゴーーーっと

柳原:
 みんなで探りながらね。カラオケに行ったら歌われへんとか。

志倉:
 あ、こんな歌詞なんやーって、カラオケで。

田中:
 でもどこ行っても、ほんとに日本語で歌ってくれるんですよ。

柳原:
 そりゃそうでしょうね。

田中:
 志倉君、やっぱりアニソン界に入ってよかったと思わない? だって日本の音楽で世界に発信しているの、やっぱりアニソンですよ。

柳原:
 けっこう占めてますよね。

田中:
 「クールジャパン」というのが何のためにあったのか。ゲームとアニメのための言葉じゃないか。それを勝手に他の分野の奴が、違う意味で広めて何してんねん。ほんで予算もつけへんし。

志倉:
 経済産業省の皆さん、見てますか?。

田中:
 悪いけどこの番組、経産省の人は見てないと思う

柳原:
 次行きましょうよ、『ジョジョ』。

田中:
 もう、“徐々”にやろう。

柳原:
 何ゆーてるんですか。

田中:
 『ジョジョ』、歌うのもええんやけど、ちょっとだけ解説するね。

柳原:
 いろいろなお話があるらしいんですが。

田中:
 これ、お仕事が来たんです。「『ジョジョ』のテーマソング書いてください」と。ところがこれ、ずいぶんいろんなところでプレゼンしたらしく、うまくいかんかってんて。

 荒木先生が「これ違う」「これ違う」言い出して。で、ウチに来たのが締め切りの2週間前

志倉:
 最後の砦だ。

田中:
 私は、“業界の駆け込み寺”と言われている。

柳原:
 受け止めるのが素晴らしい。

田中:
 それでまあ、「え、そんだけしか時間ないの? わかりました」言うて、パッと作って、悪いけど作った時間が2時間くらいかな。で、デモテープちゃんとしたのを作って自分で歌を入れて持って行ったら「一発OKです」って。

柳原:
 すげーな。

田中:
 何カ月も何してたんや、キミら、と。

柳原:
 そうは言っても、まあいろいろあるから。

田中:
 そら、何かあったからこそ、コレがある。そもそもね、荒木先生に「何がいいんですか?」と聞いたら「『宇宙戦艦ヤマト』みたいなんを作ってもらおうか」と言うたんやって。

柳原:
 ああいう重低音の?

田中:
 ベタなヤツ。で、私がやったときのテーマは「ダサカッコいい」やからね。ダサイけどカッコいい。

柳原:
 いや、ダサいところあんまりないです。

田中:
 『ジョジョ』、1回やってみますか。

(ジョジョの弾き語り、初めだけ)

田中:
 ここで「ジョジョ」って言うんですけどね。打ち合わせのとき、担当者に「『ジョジョ!』とか掛け声やめてくださいよ。ダサくなるからやめてください」言われて「わかりました」言うて。でも面白いから入れとこう、と。

柳原:
 一応、デモで入れる分にはね。

田中:
 デモ入れて聴いたら「おー、これいいですね」って。担当者に「君なにゆーてんねん」と。

柳原:
 いやでも、出来上がったものを聴いて初めて(よさがわかる)ということもあったんでしょうね。

田中:
 だから、その判断がつかなかったんだけど、作曲家の皆さん、人に言われた通りやるのではなく、「ちょっと外す」

柳原:
 いいと思ったモノはね。後で引くことはできるから。

田中:
 向こうの言う通りにやるんやったら、誰でもできるやん。

志倉:
 わしもやっとるわ。

田中:
 君、自分で自分に注文付けとんちゃうん。ま、いいか。

(『ジョジョ』の演奏はじめる)

田中:
 と、初めの部分は誰でも書けます。

志倉:
 まあ、ここは、ボクも書けなくはないかな?

柳原:
 いや、そーかもしれんけど。

田中:
 いや、もっとええのんが書けると思ってるやろ。

志倉:
 (アホっぽく)うーん。

柳原:
 やめときなさい。何でアホになるの。簡単に言うけど、ハンパないですね。

田中:
 これ、とっかかりが作詞だったんです。“詞先”“曲先”って、世の中にあるんですね。普通この頃、99%“曲先”なんです。私は“詞先”が好きなんです。ずっと栗林さんの詞を読んでね、この中に正解があるはずやと思って。詞の中に。昔、ミケランジェロという人がですね、大理石を見たらダビデが見えた、と。

柳原:
 中にあった、と。

田中:
 俺が掘り出しただけや、と。それそれ。

志倉:
 わかりやすいんか、わかりにくいんか、どっちなんや。

田中:
 ミケランジェロ田中と呼んでください。時間がないようなので。曲の進行についてもやりたいんやけど、それは自分の番組があったときにやるわ。皆さん、よろしくね。
 最後、「♪その血の運命〜」って後の『♪ジョ~~~ジョ』って2小節、まあ1小節半伸ばす。テレビでは2小節バージョン、でもCDを買うとオトクになっておりまして、なんと4小節伸ばす。「それ、どっちにしよう?」ということになって、まあイントロ縮めればいいことやけど、やっぱりディレクターさんもよくわかっていて、「これはCD用に取っておきましょう」って。
 あともう1つ『その血の記憶』という曲があるんですが、DIOのザ・ワールドで9秒止まるんですけど、CDを買っただけではそれはない。ちゃんとアニメ観ないと。46、47、48話だけは9秒間歌が止まる。すごいよ。
 それも神風動画さんが、すごい愛情があって、『それ、やりましょう』と。だってフォーマットから変えなあかんねん。たいへんやそんなん。

(『ジョジョ』のその部分、演奏)

田中:
 これは初めから仕掛けてる。ネットでははじめ「なに、この曲?」言われたわ。「ちょっとわけわからん」と。でも最終的には46話を見て世論がギャッとひっくり返って

柳原:
 そういう意味だったのか、と。

田中:
 皆さん、『その血の運命』いきましょう、途中から。

(『ジョジョ/その血の運命』演奏)

田中:
 名言があってね。「ジョジョは1日1回」。皆さん、カラオケ行っても『ジョジョ』は1日1回。ノド壊すからね

山本:
 せっかく、「ゲッチャ」に来てくれたので、この雰囲気を作曲してくれませんか?

田中:
 そんなん、こうや(雑にキーボードを鳴らす)。

山本:
 ひどい。

柳原:
 もっと何かあるやろ。

田中:
 散らかってるやん。

柳原:
 一番の原因、あんたやん。

田中:
 ぴったりやったやん。これ以上に正解ないわ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ