「正方形のドット」に恋する女性向け恋愛アドベンチャーゲーム『ドトコイ』配信開始。好感度が上昇すると解像度も高くなるラブコメディストーリー

 1月4日(土)、漫画家、イラストレーターとして活動する黒城ろこ氏の新作乙女ゲーム『ドトコイ』がリリースされた。

 対象プラットフォームはiOSAndroidPC(ブラウザ、ダウンロード)。内容は「正方形のドットに見えるキャラクターと恋をする恋愛アドベンチャーゲーム」で、その特異な設定からTwitterの一部界隈で話題となっている。

 『ドトコイ』は2016年に配信された『どとこい』の続編である。男性向け恋愛アドベンチャーである『どとこい』は、テキストを読み選択肢を選んで美少女の好感度を上げていくオーソドックスなシステムのゲーム。

 唐突に現れた悪魔から「美少女の解像度が下がり過ぎて正方形に見える呪い」をかけられてしまった主人公は、呪いを解くため3週間以内に美少女の心を掴もうと奮闘する。

前作『どとこい』
美少女との出会いはいつも通学路の角、そして正方形
イケメンだって最初は正方形

 今作『ドトコイ』においても基本的なゲームシステムは踏襲されており、『どとこい』と同様に選択肢を選ぶことで、イケメンの好感度もとい解像度を上げていくことになる。

 『ドトコイ』では高校2年生になったばかりの女性主人公が、「恋もゲームみたいに分かりやすかったら」という願望を持ちながら、転校先の学校で新学期を迎える。

 新学期初日から次々と現れる正方形たちに困惑しながら、眠りについた夜。夢の中に突然現れた怪しくないたぬきは主人公の願望を叶え、イケメンの解像度が低くなるおまじないをかけたという。しかしおまじないは3ヶ月しか効果がなく、主人公はイケメンのハートを掴むために奮闘する。

新作『ドトコイ』
突然現れた全然怪しくないたぬき
ひとりだけ最初の印象が辛辣
基本的には特定の色を選ぶと好感度を上げやすい
ハズレの選択肢はあまりにもひどくコメディカルなので選択前にセーブを取って一度は見てみてほしい
ひどいことを言われれば正方形のイケメンだって当然凹む

 選択肢のボタンは基本的に色分けされており、選択した色に対応するキャラクターに関連したイベントが発生する。場合によっては攻略に影響しない選択肢があるほか、攻略するキャラクターによっては特定の条件を満たす必要もあるので、全てのルートを攻略するのはなかなか一筋縄ではいかない。

 イベントを経てイケメンの好感度が上がると解像度が次第に上がっていくが、通常の攻略では見られない立ち絵や一枚絵があり、それらを見つけたり、回収したりするのも楽しみのひとつだ。

好感度が低いとセグウェイに乗った正方形だが…
好感度が上がるとセグウェイに乗ったドット絵キャラクターに進化する。キャラクターの動く姿は君の目で確かめよう

 セーブデータは最大20個まで保存可能なほか、テキストの表示およびオートモードのスピード設定や未読テキストのスキップ設定もあり、未読スキップありでイラストの回収のみを目的とした攻略の場合、約2分でエンディングまでサクッと進めることが出来た。

 終始コメディカルな物語の果てには、黒城ろこ氏の描く美麗なイケメンの姿を見られる。乙女ゲームが好きな女性だけでなく、前作『どとこい』をプレイしたことのある男性にもおすすめできるカジュアルなゲームに仕上がっていると感じた。

 Twitterではプレイヤーがそれぞれ「面白い」と感じたシーンのスクリーンショットや、キャラクターのファンアートを投稿しているので、こちらも合わせて正方形のイケメンとの恋物語を楽しんでみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧