歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー。ソシャゲだけど、ちゃんと聖剣らしいアクション

 今回紹介するゲームは、『聖剣伝説』シリーズ30周年を記念した歴代聖剣キャラ大集合のクロスオーバー作品『聖剣伝説 ECHOES of MANA』だ。 

 なんとこちらの先行プレイに参加させてもらったため、早速プレイレポートに移りたいところなのだが……聖剣伝説ファンの方の中には、「聖剣シリーズ好きだけど、ソシャゲかあ……」と思っている方も少なくはないだろう。

 実際、しっかりソシャゲしてる。とくに育成周りはかなりソシャゲソシャゲしていると私も思う。でも、2Dモデルの気合の入り方だったり、聖剣らしさを取り入れたアクションだったり、ちゃんと『聖剣伝説』として作られている部分も間違いなくある。

 ソシャゲなのであまり食指が伸びていない方の気持ちもよく分かるのだが、ぜひ一度触れてみてから判断して欲しい……と私は感じた。だから今回は、『聖剣伝説 ECHOES of MANA』の良かった所も悪かった所も関係なく紹介していこうと思う。先行プレイで触ることができた部分までの情報になってしまうのだが、プレイの参考になれば幸いだ。

文/ジスマロック

※今回のレビューで使用したROMは開発中のもので、レベルデザイン・報酬内容などが正式サービス版とは異なる場合があります。


『聖剣伝説 ECHOES of MANA』とは?

 先ほども紹介した通り、『聖剣伝説 ECHOES of MANA』はシリーズ30周年を記念したタイトル。ナンバリング初代の『聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-』から外伝作品の『聖剣伝説 LEGEND of MANA』まで、とにかく歴代キャラが大集合!

歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_001
Youtubeより

 一昨年に発売され、キャラクターに声帯が実装された『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』の「リース(CV小松未可子)」や「シャルロット(CV諸星すみれ)」はもちろんのこと、これまでボイスが用意されていなかった『聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-』の「ヒーロー」などのキャラクターにも豪華声優陣が参加!

歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_002
『聖剣伝説 ECHOES of MANA』公式サイトより
歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_003

  今作の主人公は「実の世界(エコーワールド)」という記憶の世界を巡りながら、この世界を救うための「聖剣」を探し出す旅に出る。その記憶の世界には歴代聖剣シリーズの世界観をモチーフにしたステージもあり、そこで数々のレジェンドキャラとの邂逅を果たす。

 まあ端的に言えば「歴代聖剣ワールドを巡りながら主人公の聖剣を探す物語」という感じです。通りすがりの聖剣伝説だ、覚えておけ!

歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_004
今後どのような形でクロスオーバーが行われていくのかはまだ分からないが、現時点でのメインストーリーは第2章が『聖剣伝説2』をモチーフにした世界、第4章が『聖剣伝説3』をモチーフにした世界となっている。

 ただ、歴代聖剣シリーズのクロスオーバー作品だからと言って一見さんお断りという訳ではなく、聖剣シリーズを一度もプレイしたことがない方でも十分楽しめるシナリオにはなっていると思われる。もちろん歴代ファン向けの細かいネタも仕込まれてはいるけど、ここから歴代聖剣キャラを好きになるのも全然アリ!

 聖剣シリーズ未プレイの方でも、どこかで一度見たキャラに出会えるかも? リースとかリースとかリースとか……

歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_005

歴代の名場面を装備する「メモジェム」、しっかり動く2Dアクション

歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_006

 『聖剣伝説 ECHOES of MANA』はソシャゲなのでもちろんキャラはガチャから入手する。ガチャの仕様としてはキャラクターに装備できる礼そ……「メモジェム」と、リースやポポイなどのキャラクターが一緒に排出される。

 装備品とキャラのガチャが別々かどうか、本当に大事!!!

 「メモジェム」は歴代聖剣シリーズの場面が描かれたカードも多数存在しており、これまた歴代ファンには嬉しい。最高レアのメモジェムには「スキルダメージ+30%」や「MP継続回復」などの強力な効果のカードもあり、もちろんメモジェムも戦略上重要なファクターになってくる

歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_007
歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_008

 まあお察しの通りキャラ周りの仕様はだいぶソシャゲソシャゲしている感じなのですが、実際にキャラを動かして戦う戦闘パートは結構楽しい

 基本横スクロールでステージを進めていき、キャラごとに用意された必殺技でバッタバッタと敵をなぎ倒すアクションも爽快! もちろんガチャで引いた歴代聖剣キャラはここで使えるので、自分好みのドリームチームを結成しよう!

 自然豊かなステージやポップでかわいい敵キャラで『聖剣伝説』の雰囲気が再現されているし、2Dモデルのキャラも結構動く。リースの「旋風槍」などのお馴染みの技もちゃんと使えるし、グラフィックや音楽も含め、総合的に「スマホの聖剣伝説」としてしっかり作られていると感じた。

歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_009
画像だと上手く伝わりきらないかもしれないのが心苦しい限りだが、今作の2Dモデルは本当に出来が良い。もちろん戦闘パートの動きもそうですが、ストーリーでの動きもコミカルで可愛い感じに仕上がっており、ぜひ2Dモデルの気合の入り方を確認するためにも遊んでほしい。

 続いてキャラの育成システム周りを紹介しよう。今作の育成要素は大きく分けて「キャラ自体のレベル」「メモジェムのレベル」「マナボード」「装備品及び装備の強化」の4つとなる。

 キャラ自体のレベルとメモジェムのレベルはアイテム消費で上がるので割愛させてもらうとして、3つ目の「マナボード」は簡単に言えばスキルパネルのようなもの。

歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_010

 ダンジョンなどで入手できる素材を使ってキャラクターのHPや攻撃力などのステータスを強化していこう。こちらは現在所持している素材の分で解放できるだけ解放してくれる「一括解放」も用意されているため、結構楽で助かる。

 続いての「装備品」はその名の通りキャラクターに鎧や兜などを装備させてステータスを上昇させる要素なのだが……この時点で私は「少し育成周りの要素が多すぎないだろうか?」とは感じた。

歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_011

 キャラに装備させるだけでなく、キチンと装備品自体のレベルも上げる必要がある。こうなってくると、キャラのレベルも上げて、メモジェムのレベルも上げて、マナボードも解放して、装備のレベルも上げなければならない……しかもこれを1キャラ毎に行うと考えた時に、やや負担が大きくないだろうかとは思った。

 さらにメインストーリーの3章、4章辺りから敵も結構強くなってくるため、最高レアゴリ押しだけでなくちゃんとキャラを強化する必要も出てくる。一応キャラのレベル、メモジェムのレベル、マナボードの解放、装備品の強化で使う素材はそれぞれ別となっているため、リソース不足にはあまり陥らないのが幸いといったところだろうか。

歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_012

 ただ、キャラクターの画面から移動せずともキャラレベル・メモジェム・マナボード・装備の強化を行えるUI周りは使いやすくてありがたい。キャラの強化が一画面で完結するのは本当に大事。

ソシャゲとして「重い」かどうか

歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_013

 ここからは『聖剣伝説 ECHOES of MANA』の少し気になった部分に触れていこうと思うのだが……えっ? 割ともう触れてた?

 いや……ちゃんとユーザー目線で明らかに気になること書かなきゃ嘘でしょう!

 まず第一に「ロードが多い」。ここは本当に気になる。

 今作のホーム画面のUIは上記の画像の通りになっているのだが、例えばここからクエストの画面に移動して、もう一度ホーム画面に戻ろうとしたときに一度1~2秒程度のローディング画面を挟んでからホームに戻る。

歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_014

 ホームからクエスト画面に移行する時はあまりロードに時間はかからないのだが、逆にクエスト画面からホームに移動、キャラ育成からホームに移動……と、「ホームに戻る時」に1~2秒程度のロード画面が発生する。

 「何を1~2秒のロードでゴタゴタと……」と思う方もいるかもしれないが、ソシャゲにおいてそれこそ駅のプラットホームとも言えるホーム画面への帰還でロードが発生するのはかなり気になる。1回だけなら1~2秒で済むかもしれないけど、これを100回繰り返したら100秒もロスすることになってしまうし、何よりもじわじわとストレスが溜まってくる。

 まあ気になる人は全く気にならないと思うのでそこまで重く捉えないでほしい……とは思います。だったらそんなこと書くなよと言われるかもしれないけど、気になる人はやっぱり気になると思うので書きました。

歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_015
貼る画像が無くなってきたので俺の好きなメモジェムを貼るコーナーです。

 続いては『聖剣伝説 ECHOES of MANA』が「ソシャゲとして重いかどうか」に触れていこう。ソシャゲをインストールする際、まず真っ先に「掛け持ちができるかどうか」を考えてしまう人も多いであろうコンテンツ大氾濫時代の昨今。

 決してこれはじっくりと時間をかけて遊ぶソシャゲや、15分ぐらいのデイリーをこなしてサクッと遊べるソシャゲを否定しているわけではないということは理解していただきたい。ただ、やっぱり「ソシャゲとしてどれぐらいの占有率なのか」という点が気になる人は多いと思う。

 単刀直入に言って……『聖剣伝説 ECHOES of MANA』は「まあまあ」な感じだ。「いやここまで引っ張って『まあまあ』ってなんやねん!」と憤っている方、申し訳ございません。ただ、本当に朝起きて10分間のデイリーを済ませてサクッと終わるほど軽くもなく、一日中遊び続けるほど重くもないのが今作だ。

 どちらにせよ遊ぶ際はちゃんとアクションの操作は要求されるので、そこまで軽いわけでもない。しかしオート周回機能はある。でもスキップチケットは今のところないから周回待ちで少し時間がかかる。先ほどの育成要素の多さも加味した場合、強いて言うなら「やや重い」といったところだろうか?

歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_016

 一応オート周回は周回の回数を指定したり、スタミナが足りなくなった際に自動でスタミナ回復アイテムを使用したり……と言った細かい部分の調整も可能。他のソシャゲと掛け持ちして遊ぶことを考えている方の一助となれば幸いだ。

おわりに

歴代聖剣キャラ大集合『聖剣伝説 ECHOES of MANA』先行プレイレビュー_017
好きなメモジェムのコーナー第2弾です。

 さて……『聖剣伝説 ECHOES of MANA』の良かった所も悪かった所も一気に紹介してみたが、今作を遊ぶかどうか迷っている方の参考材料にはなっているだろうか?

 まとめて言うなら「ソシャゲらしい要素はあるけどグラフィックやBGM含めて聖剣の空気感はしっかり出ている!」「歴代聖剣キャラが登場するシナリオは面白い!」「2Dの出来が良い!」「育成要素はだいぶ多い!」「ロードが多いのが気になる!」「ソシャゲ占有率はやや重い!」という感じだ。

 先行プレイをする以上はできる限りユーザーの目線から情報をお伝えしなければ……と思い、やや否定的な意見も混じってしまったが、私としては良かった所だけをただ列挙するよりもしっかりと気になる部分も伝えた上で、『聖剣伝説 ECHOES of MANA』を遊ぶかどうか決めて欲しいと考えました。

 個人的には結構楽しめました! 特にシナリオと2Dキャラのモデルの出来の良さは確かなので、ぜひ一度触っていただければ!

 『聖剣伝説 ECHOES of MANA』は4月27日より配信開始! 聖剣シリーズファンの方はもちろん、シリーズ未経験の方も楽しめるはず!

 つぎはぎの記憶が、あなたを呼んでいる!

ライター
転生したらスポンジだった件
Twitter:@yomooog
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ