『魔界村』の宿敵「レッドアリーマー」がアクションフィギュアにて初登場。2019年3月に発売

「ゆけ レッドアリーマー にんげんかいへ」

 ユニオンクリエイティブのGAME・CLASSICSは、『魔界村』よりレッドアリーマーのアクションフィギュアを2019年3月に発売する。価格は6,980円+税。レッドアリーマーの初となるアクションフィギュア化で、トレードマークの真紅の体、コウモリのような翼が精巧に再現されている。

 レッドアリーマーはカプコンのアクションゲーム『魔界村』で登場したキャラクター。強烈な難易度をほこる『魔界村』の序盤のボス的な存在だ。その特徴は、こちらの攻撃を当てようとしても、正確に回避してくる素早い機動性。無理に攻撃を当てようとせず、レッドアリーマーが体当たり攻撃をしかけてきたときに、回避しつつ攻撃を当てていくのが王道の攻略法だろう。

 多くのプレイヤーを苦しめたことで人気キャラクターとなって、「レッドアリーマー」の名を冠してスピンオフゲームがいくつか制作された。ゲームボーイから発売された『レッドアリーマー 魔界村外伝』、ファミコンから発売された『レッドアリーマーII』、スーパーファミコンから発売された『デモンズブレイゾン 魔界村 紋章編』

※バーチャルコンソール版『レッドアリーマーII』

 いずれもアクションのベースは『魔界村』と同じく横スクロールアクションだが、壁に張り付くことができたり、ジャンプ中にボタンを押すことによって、一定時間ホバリング状態になれることによって、『魔界村』とは一味違うアクションが楽しめた。3タイトルともニンテンドー3DS、WiiUのバーチャルコンソールで配信中だ。

 このスピンオフシリーズのなかでも『レッドアリーマー 魔界村外伝』と『レッドアリーマーII』の最大の特徴は、RPG要素を大胆に取り入れたことである。魔界を舞台とした、レッドアリーマー視点からのダークな世界観が魅力であり、悪魔と会話したり、レッドアリーマーの心情も描かれる。レッドアリーマーのダークヒーロー性が浮かびあってくる燃えるストーリーが展開される。

 今回のフィギュアは可動性なので、主人公を待ち構えているときのあぐらをかいている座っている姿勢や、翼を広げているレッドアリーマーも再現可能だ。またユニオンクリエイティブのGAME・CLASSICSは、すでに『魔界村』の主人公アーサーのフィギュアを発売しているので、この2つを並べて写真を撮りたいところ。このフィギュアの発売をきっかけに、『レッドアリーマーII』をプレイしたり、レッドアリーマーについて深く知ってはいかがだろうか。

■「レッドアリーマー」フィギュア仕様
・素材:ATBC-PVC
・サイズ:本体全高約150mm
・彩色済み完成品可動フィギュア

文/福山幸司

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ