淫魔が主人公のホラーゲーム『Succubus』正式発表。エログロが目白押しだった『Agony』のスピンオフ

 Madmind Studioは、かねてより存在がほのめかされていた新作ホラーゲーム『Succubus』発表した。同スタジオの『Agony』とその規制解除版である『Agony UNRATED』に登場したサキュバスが主役のスピンオフゲームだ。

 ゲームのコンセプトゲームプレイを紹介するトレイラーも公開された。裸体、肉体の切断、乳幼児風の殉教者の殺害などショッキングなシーンが多い。苦手な方は見ないことをおすすめする。

 地獄の支配者が消滅した後、新たに地獄の支配者となった王ニムロドと女王サキュバス。しかし、支配と贅沢の生活はサキュバスには合わず、彼女は地獄の荒野での人生を選んだ。女王が荒野に消えた後、バフォメットは自らの軍勢とともにニムロドの魂を奪おうとする。
 旅の途中、仲間だったはずの同じ種族に捕らえられ、傷つけられ、裏切られたサキュバスに残ったのは、復讐という二文字だけだった。

 ステルス重視のゲームプレイだった『Agony』と比べ、『Succubus』は戦闘重視のゲームプレイになっている。手にした武器やパイロキネシスで残虐に敵を殺害し、スキルツリーや武器、防具システムでサキュバスの能力を拡張する。

 『Agony UNRATED』にもサキュバスとして戦う「サキュバスモード」が搭載されていたが、『Succubus』はさらに拡張されたゲームプレイが期待できそうだ。

 トレイラーではプラットフォームはいまのところSteamのみしか表記されていない。コンソール移植によるレーティング審査のために描写を比較的マイルドにした『Agony』だったが、PCのみでリリースされた『Agony UNRATED』は規制により削除された描写やシーンを復活させた。

 『Succubus』も残酷な描写が目立つため、コンソールへの移植を捨てて規制無しで販売しようとしているのかもしれない。

(画像はTwitter | Agony Gameより)

 『Succubus』を開発するのは、ポーランドに拠点を置くMadmind Studioだ。『The Division』や『The Witcher 3』などAAAタイトルを手がけたベテラン8名が所属している。

 地獄を舞台にしたこの『Succubus』や『Agony』だけでなく、11月には現実的な世界を舞台に、13年間ひきこもった三十路男を襲う恐怖を描く『PARANOID』が発表され、こちらはSteamページも公開されている(関連記事)。

 Madmind Studioが現在発表したふたつのタイトルはどちらもコンセプトゲームプレイトレイラーが公開されているだけで、発売日は未発表だ。果たして、どのような恐ろしい恐怖を見せてくれるのか、今から楽しみだ。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

東京大学教授・脳科学者 池谷裕二氏が語る“ホラー”がエンターテイメントたり得る理由

ホラゲにゲームデザインの常識は通用しない!? Jホラーゲームの第一人者『零』×『SIREN』開発者が語り合うホラーの摩訶不思議(柴田誠×外山圭一郎)【ゲームの企画書第八回】

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros

関連

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ