コーエーテクモ、LINE Gamesと『大航海時代 Origin』の共同事業開発契約を締結。2020年に配信予定

 11月30日、コーエーテクモゲームスは、LINEグループ会社であるLINE GamesとオープンワールドMMORPG『大航海時代 Origin』の共同事業開発契約を締結したと発表した。

 『大航海時代 Origin』は『大航海時代』シリーズの発売 30 周年を記念するタイトルとして、2020年に配信予定。対応機種はiOS/Android。

(画像は大航海時代 Onlineより)

 『大航海時代III』『大航海時代IV』『大航海時代V』、および『大航海時代 Online』で開発を担当した竹田智一(株式会社コーエーテクモゲームス シブサワ・コウ ブランド ブランド長)がプロデューサーとして開発に携わる。

関連記事:

信長から乙女ゲームまで… シブサワ・コウとその妻が語るコーエー立志伝 「世界初ばかりだとユーザーに怒られた(笑)」

夫(社長)の反対を押し切りVR筐体を開発!? 異例の社内ベンチャー設立経緯から世界平和の野望まで、“名物夫人(会長)”のゲームへの深い愛【コーエーテクモ:襟川恵子インタビュー】

ライター
哲学科を卒業後、ディオゲネスのような暮らしを送っていたが、2017年11月より電ファミニコゲーマー編集部に加入。
ローグライクやシミュレーションなど中毒性のあるゲーム、世界観の濃いゲームが好き。特に『風来のシレン2』と『Civlization IV』には1000時間超を費やしました。最も影響を受けたゲームは『夜明けの口笛吹き』。
Twitter:@ex1stent1a
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ