ソフマップvsツクモvsドスパラ──秋葉原企業の社長や取締役が本気で戦うeスポーツ大会「アキバトーナメント」開催決定

 アキバeスポーツ評議会は、「アキバをeスポーツの聖地にするために」というスローガンを掲げ、秋葉原に店舗や会社をもつ企業がeスポーツで対戦する「アキバトーナメント」を開催すると発表した。
 12月9日(日)14時より、ソフマップAKIBA2号館 2階 eSports Studio AKIBAにて行われる。また、当日の様子はニコニコ生放送Youtubeでも中継される。

 参加企業は総勢14社。参加チームには取締役以上が必ずひとり参戦するというルールが設けられており、各社の威信をかける戦いとなっている(特別枠の浅井企画、インプレス、グラチアを除く)。
 参加企業とトーナメント表は以下の通り。

「アキバトーナメント」参加企業とトーナメント表

Akiba.TV株式会社
合同会社 AKIBA観光協議会
株式会社 浅井企画
株式会社 イオシス
株式会社 インドア
株式会社 インプレス
MSY株式会社
クラーク記念国際高等学校
グラチア事務局
株式会社 壽屋
株式会社 サードウェーブ( ドスパラ)
株式会社 ソフマップ
株式会社 タイムマシン
株式会社 Project White(ツクモ)

 eスポーツで争うゲームタイトルは『ロケットリーグ』

 ジャンプやロケットダッシュが可能な車を操ってサッカーを行うゲームで、実在のスポーツにうまく架空の要素を練り込んでオリジナリティを出したスポーツタイトルだ。
 有志による賞金額ランキングサイト「e-Sports Earnings」の2018年12月時点のデータでは、賞金総額約400万ドル、18位にランクインしている。

 今回のアキバトーナメントを主催するアキバeスポーツ評議会の議長となるのは株式会社タイムマシン代表取締役社長・大井裕信氏。副議長は株式会社ソフマップ代表取締役社長・渡辺武志氏、ならびにMSY株式会社取締役・秋山昌也氏の両名。

株式会社タイムマシン代表取締役社長、アキバeスポーツ評議会議長・大井裕信氏

 開催の経緯について、大井氏は次のように語った。「もとは飲みの席から始まったんです。せっかくアキバにいるのにeスポーツがあまり盛り上がっていないよねということで、これはもうひとつひとつの店が単独でよりも、アキバの店がみんなで協力しあって、eスポーツをアキバから発信できるようなイベントをやりましょうと。」

 続いて会場では、トーナメントの抽選とともに、各社の意気込みが述べられた。
 ソフマップ代表取締役社長・渡辺武志氏は、「頑張って決勝まで残りたいです。なるべくドスパラさんと当たりたいと思っております(笑)」とライバル意識を見せた。

ソフマップ代表取締役社長、アキバeスポーツ評議会副議長・渡辺武志氏

 中古家電買取販売ショップ、イオシス代表取締役・中本直樹氏は、「ソフマップをぶちのめしたいなと思っております」と挑発。
 PCショップ「ドスパラ」を展開するサードウェーブ取締役副社長・榎本一郎氏は、『ロケットリーグ』をゲームの上手い部下に教わり、練習中だという。しかし、思ったよりも難しく、氏が「本戦ではどうやって勝てばいいんだ?」と聞くと、部下は「作戦があります。榎本さんは自陣ゴール前で動かないでください。邪魔ですから」と答えたとのこと。氏は、「まあ傷ついたよね(笑)。サードウェーブのプライドはどうでもいい。個人的なプライドをかけて戦います」と意気込みを語った。

 また大井氏によれば、2019年には1年間を通してeスポーツで争う「アキバリーグ」の開催も予定しているとのこと。ゲームタイトルやルールなどの詳細は未定だが、より一層の盛り上がりが期待される。

「アキバトーナメント」実施概要

 

日時:2018年12月9日(日)14時〜18時(予定)

 

場所:ソフマップAKIBA2号館 2階 eSports Studio AKIBA(東京都千代田区外神田3丁目 13-8 東京角田ビル 2F)

 

ゲームタイトル:ロケットリーグ

 

参加企業:
株式会社 Akiba.TV株式会社
合同会社 AKIBA観光協議会
株式会社 浅井企画
株式会社 イオシス
株式会社 インドア
株式会社 インプレス
MSY株式会社
クラーク記念国際高等学校
グラチア事務局
株式会社 壽屋
株式会社 サードウェーブ( ドスパラ)
株式会社 ソフマップ
株式会社 タイムマシン
株式会社 Project White(ツクモ)

(C) 2015-2018 Psyonix Inc. All rights reserved.

取材・文/実存、クリモトコウダイ

関連記事:

世界の「eスポーツ」ゲームいくつ言えるかな? いま熱い競技シーンから、eスポーツの条件を考えてみる

「eスポーツってなに? スポーツがゲーム? プロゲーマーって何者?」──乙女ゲーマーが感じる“eスポーツの疑問“をプロゲーマーに直撃!

ライター
哲学科を卒業後、ディオゲネスのような暮らしを送っていたが、2017年11月より電ファミニコゲーマー編集部に加入。
ローグライクやシミュレーションなど中毒性のあるゲーム、世界観の濃いゲームが好き。特に『風来のシレン2』と『Civlization IV』には1000時間超を費やしました。最も影響を受けたゲームは『夜明けの口笛吹き』。
Twitter:@ex1stent1a
取材
新聞配達中にトラックに跳ね飛ばされたことがきっかけで編集者になる。過去に「ロックマンエグゼ 15周年特別スタッフ座談会」「マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡」などを担当し、2017年4月より電ファミニコゲーマー編集部のメンバーに。ゲームと同じぐらいアニメや漫画も好き。
Twitter:@ed_koudai
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ