『キャサリン・フルボディ』の体験版が配信開始。SEKAI NO OWARIとコラボが実現したイメージソングも公開

 アトラスは、2019年2月14日発売のPS4、PSvita用ソフト『キャサリン・フルボディ』体験版を本日配信開始したと発表した。

 『キャサリン・フルボディ』は、大人の色気が満載のパズル・アクションアドベンチャー。プロデューサーとゲームディレクターを務めるのは橋野桂、アートディレクションは副島成記、音楽は目黒将司と、『ペルソナ』の開発チームが手がけている。

 もともと2011年にPS3とXbox 360で発売していたのをリメイクしたのが本作。作品そのものは好評だったが、パズル部分が難しいというプレイヤーの声が大きかった。そのため『キャサリン・フルボディ』では新しい難易度「Safety」が追加。罠が発動しない、時間制限なし、ゲームオーバーにならないと、パズルが苦手な人でも安心して楽しめるようになっている。

 すでに本日から配信が開始されている体験版には、この新しい難易度「Safety」で設定されており、序盤の2日間をダイジェストで遊べる。新規追加を含む多数のアニメシーンや、より遊びやすく進化したアクションパズルが確認できるだろう。なお、製品版へのセーブデータの引継ぎはないとのこと。

 さらに『キャサリン・フルボディ』と、SEKAI NO OWARIとのコラボが実現。イメージソング『Re:set』を提供する。ボーカル・ギターを務めるFukase氏が『キャサリン』の大ファン。もともとゲームを頻繁にするほうではないが、なぜか『キャサリン』にはハマっていたという。『Re:set』を作っているときに、「『キャサリン』っぽいよね」という話をメンバーやマネージャーとしていたら、本当にコラボが実現する運びになったという。

 他にも『キャサリン・フルボディ』は、ワンボタンで自動登頂できる「オートプレイ」、ゲームオーバーになった場所まで戻れる「リトライアスシスト」、死んでも即座に一歩手前に戻れる「自動UNDO」や、アクションパズルそのものをスキップ可能が追加されている。新規ヒロインである「リン」や、アクションパートの形が変わる「アレンジモード」、全世界と繋がるオンラインマルチプレイに対応している。さまざまに追加された部分がどこまで体験版でプレイできるか、確認してみよう。

 なお本日、Steamでは2011年の『キャサリン』が『Catherine Classic』登録されたが、日本語はサポートしておらず、そもそも日本から購入できない仕様になっている。ここはおとなしく、2月に発売する遊びやすくパワーアップした『キャサリン・フルボディ』をプレイするのがベストだろう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ