クリア率30%以下のリメイク版『バイオ2』ワンショットデモでRTAが流行中。30分どころか3分以下でクリアへ

 1月11日にカプコンより『バイオハザード2』のリメイクである『BIOHAZARD RE:2』のワンショットデモが公開された。30分間だけプレイできる少し珍しい形の体験版で、クリア時にはプレイタイムなどが発表される。

 この特殊な形態のデモの時間制限に挑戦するプレイヤーたちが現れている。最速でゲームクリアを目指すスピードランナーたちは、デモのリリースからわずか4日ほどで、すでに3分以下でゲームを1周する境地に達した。つまり、このワンショットデモを10周できる計算だ。

※記事執筆時点で筆者が確認したワールドレコード。記録は2分50秒。

※記事執筆時点で筆者が確認したジャパンレコード。記録は2分53秒。

 3分以下でゴールするランナー達は、ゲーム中ほとんど弾薬を消費していない。本当に邪魔な敵だけを相手にし、ほとんどの敵を無視して最短で必要なイベントをこなす。邪魔なゾンビは頭を撃ってひるませ、するりと脇をすり抜けていく。

(画像はSteam 『BIOHAZARD RE:2』より)

 もともと『バイオハザード』シリーズは、スピードクリアを目指すこともゲームの楽しみのひとつとなっていた。『バイオハザード2』において作中最強武器である弾数無限ロケットランチャーは、ゲームを2時間30分以内にAかSランクでクリアしたプレイヤーに与えられる報酬だ。スピードランも人気で、ランナーたちは『バイオハザード2』を1時間ほどでクリアできることを証明している。
 『BIOHAZARD RE:2』でも引き続き、ランクやクリアタイムでこういったクリア報酬が用意されているかもしれない。

「RE Net」に接続し、プレイ状況をサーバーにアップロードしたプレイヤーの統計。
(画像は『BIOHAZARD RE:2』 Global Statsより)

 カプコンはこのワンショットデモのプレイ状況の統計も公開している。記事執筆時点で『BIOHAZARD RE:2』ワンショットデモを150万人以上が遊んでいる。日本を含む東アジアでのプレイヤーは31万8千人と、統計が取られている地域では北米の32万1千人に次ぐ世界第2位のプレイヤー数となっている。

 興味深いのはクリア率を表す「Completion Rate」だ。現時点で28%となっており、7割近いプレイヤーがまだデモをクリア出来ていないようだ。スピードランナーたちが軽々とクリアしているゲームではあるが、難しいゲームであることは間違いない。

(画像はSteam 『BIOHAZARD RE:2』より)

 カプコンはデモ終了時に表示されるリザルト画面をSNSで共有することで「等身大“レオン・S・ケネディ”胸像」などが当たるキャンペーンを行っている。こちらも是非チェックしてみてほしい。

 TPSとなり、リメイク元となる『バイオハザード2』とは全く違うゲームプレイへと進化した『BIOHAZARD RE:2』本編は1月25日にPS4/Xbox OneおよびPCでリリース予定だ。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

なぜ初代バイオハザードは怖くて、バイオ4は怖くないのか?:「なんでゲームは面白い?」ホラー特別回

ロメロの子どもたち── 『バイオハザード』を軸としたゾンビゲーム史覚え書き(寄稿:マスク・ド・UH)【徹底レビュー】

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧