電話を掛けて奇妙な世界を旅するアドベンチャー『Strange Telephone』バージョン2.0がPCで1月21日発売。エンディングやアイテムが追加されてパワーアップ

 AGM PLAYISMはHZ3 Softwareの開発するアドベンチャーゲーム『Strange Telephone』のPC版を1月21日に発売することを発表した。価格は498円。

 PC版には2017年にスマートフォンで発売されたバージョンにさまざまな要素を追加されており、バージョン2.0とされている。なお、PC版で追加された要素は1月中にスマートフォン版でもアップデートとして配信される。

 『Strange Telephone』は可愛らしくもどこか不気味なドット絵のグラフィックと、6桁の電話番号から自動生成される世界が特徴のアドベンチャーゲームだ。電話番号の組み合わせで生成される世界は、300万とおりにも及ぶという。

(画像はSteam『Strange Telephone』より)

 主人公は大きな扉のある暗い世界に閉じ込められた少女「ジル」。奇妙な世界で彼女に手を差し伸べたのは、電話機の姿をした「グラハム」だ。グラハムを通して電話番号を入力し、電話をかけることで向かうべき世界を作り出す。現れた世界を行き来しながら、元の世界へと戻るための手がかりを探索する。

(画像はSteam『Strange Telephone』より)

 バージョン2.0ではエンディングが6つ増え、全部で11種類となった。また、ワールド数やオブジェクト数、アイテム数も増加し、自動生成される世界にさらなるバリエーションを生む。操作方法もPCに合わせて変更され、マウス・キーボードやゲームパッドにも対応する。

 また、オブジェクトの説明を読むこともできるオブジェクトビューワーも実装され、世界の秘密を垣間見ることもできる。『Strange Telephone』を開発したYuta Kusahara氏によれば、本作は直接的に明かされることのない”隠されたストーリー”を元にこのゲームを制作したという。オブジェクトビューワーは、このゲームに潜む謎を探る手がかりとなるだろう。

(画像はSteam『Strange Telephone』より)

 ほかのゲームでも世界を自動生成する際にシード値を入力するものがあるが、その番号から電話を掛けるというアイデアへと昇華した『Strange Telephone』。2017年に本作のページがSteamに追加されてから、やきもきしながら待ち続けた人も少なくないだろう。待ちに待った本作のリリース日は1月21日だ。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

『UNDERTALE』トビー・フォックス×『東方』ZUN×Onion Games木村祥朗鼎談──自分が幸せでいられる道を進んだらこうなった──同人の魂、インディーの自由を大いに語る

「ゲームはつくって半分、知ってもらって半分」効果的に広める方法を、ゲームメディアの視点から考えてみる──PANORA×ねとらぼ×ゲームキャスト×電ファミ【CEDEC2018レポート】

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧